池谷幸雄(いけたにゆきお)

元体操選手(メダリスト)
池谷幸雄体操倶楽部代表取締役
(社)全日本ジュニア体操クラブ連盟理事
タレント

【主な講演テーマ】

「子どもの体と心~スポーツを通しての体づくりと人間形成~」
「池谷幸雄の親子体操」※参加型※

【登録テーマ】
【出身地】 東京都府中市

講師プロフィール

1970年東京都府中市出身。
4歳のころから体操を始め、小学校1年生の時、大阪に転居。
その後、清風中学校・高校で才能が開花し、1988年・ソウル五輪では団体個人ともに銅メダル、1992年・バルセロナ五輪においては団体で銅、個人で銀メダルを獲得し、二大会連続でメダルを獲得するという、輝かしい戦績を残した。
二度のオリンピック出場で多くのファンを魅了し続けてきたが、怪我との戦いが元で、その華々しい体操人生に終止符を打った。
1992年秋、タレント・池谷幸雄として第二の人生を歩み始め、テレビ、ドラマ、舞台、CM、キャスター、俳優など、さまざまなジャンルに挑戦。
2001年には「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し、現在は800人の子ども達の指導を行う傍ら、選手の育成にも力を入れている。2010年に初開催されたユースオリンピックにおいては、体操ジュニア男子の日本代表選手を輩出、また個人総合で金メダルを獲得することとなった。
2010年7月には、子ども達の未来を憂い、参議院選挙において国政選挙に挑戦。
現在は、引き続き芸能活動を再開するとともに、スポーツ振興や子どもの教育問題に取り組み、「子ども達の未来のために」をキャッチフレーズに社会活動を行っている。
講演はもちろんですが、親子で参加できる体操教室も大変人気があります!

オリンピック

  • 1988年ソウルオリンピック大会出場
  • 団体総合3位 ・種目別ゆか3位
  • 個人総合8位 ・種目別跳馬7位
  • 1992年バルセロナオリンピック大会出場
  • 団体総合3位 ・種目別ゆか2位
  • 種目別つり輪7位

主な受賞実績

  • 1987、88年 全国高校総体 個人総合優勝
  • 1987年 国際ジュニア大会 個人総合4位
  • 1987年 全日本選手権 個人総合3位
  • 1988年 ソウル五輪 団体3位/個人総合8位/ゆか3位
  • 1988年 文部科学省スポーツ功労賞受賞
  • 1989年 シュツットガルト世界選手権 団体4位/個人総合4位/鉄棒3位
  • 1989年 全日本選手権 個人総合3位
  • 1990年 全日本選手権 個人総合3位
  • 1991年 インディアナポリス世界選手権 団体4位
  • 1992年 バルセロナ五輪 団体3位/ゆか2位
  • 1992年 文部科学省スポーツ功労賞受賞

役員

  • 財団法人日本体操協会 理事
  • 財団法人日本体操協会 事業委員会 副委員長
  • 財団法人日本体操協会 事業委員会 普及対策部長
  • 社団法人全日本ジュニア体操クラブ連盟 理事
  • 社団法人全日本ジュニア体操クラブ連盟 専門委員会 委員
  • 全国少年少女体操普及協議会 常務理事
  • 横浜カップジュニア体操協議会 理事

 

講演内容

 元体操選手でタレントの池谷幸雄氏は、1988年・ソウル五輪では団体・個人で銅メダル、1992年・バルセロナ五輪では団体で銅、個人で銀メダルを獲得し、体操選手として輝かしい実績をあげ、1992年にタレントに転進しました。いまやテレビの人気者になり、その活躍は誰もが知るところとなっています。

 講演のテーマは、人生、教育、スポーツなど。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!
 将来はオリンピック選手になるという幼少時代の夢を実現し、現在は、2001年に「池谷幸雄体操倶楽部」を設立し、次代を担う子供を育てることに力をいれている池谷氏。自らの経験を踏まえ、小さなことでも良いから、少しずつ実践し、経験値を高めていくことで、いずれ大輪の花が咲くとしています。

 そして、自分自身のあり方をしっかり見極め、見失うことなく、目標を明確にし、大きな夢を持つことが重要であると訴え、さまざまな感動を分かち合うことで、多くの人たちを励まし、また励まされてきたといいます。

 池谷氏が体操を続けてこられたのも、親の愛情と協力があったからといいます。現在、自分が親になり、多くの子供たちを指導する立場になって、改めて親に感謝し、注いでもらった愛情を自分の子供だけではなく、指導に当たるすべての子供に注いで、その可能性を最大限に伸ばしてあげたいとしています。

 池谷氏の講演、フォーラム、セミナー、トークショーからは、体操指導者と子育ての実践者としての経験と知識を、たくさん聴くことができます。さらに、演壇でバク転、バク中などを披露してくれるなどのサービス精神に溢れています。まさに、池谷氏ならではの演出であり、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は大喜びとなります。

 

講演テーマ

「子どもの体と心~スポーツを通しての体づくりと人間形成~」

「子どもの体と心~スポーツを通しての体づくりと人間形成~」

人間の体は大体10歳くらいまでにの体のつくりが決まってしまいます
10歳までに何をしてきたかで、大人になった時の筋肉や神経、骨や脳の発達に大きな影響を与えるため、早くから体を動かすことが大事です。
しかし、現代の生活環境では外で自由に遊ぶことが難しく、体を動かす場所を大人が積極的に作ってあげることが必要です。
そこで、簡単に取りれることができる運動が《体操》です。
体を動かすことは全て体操で、体操は生活の中の動きの練習なのです。

講演の中で、スポーツを通じて人とのコミュニケーションをとる大切さを伝えます。
小さい頃に体を動かす経験が少なかった子は、人とのコミュニケーションをとるのが苦手だったり、ストレスを抱えやすくなります。
●体を動かし精神的なストレスを発散させる→《健全な心身をはぐくむ》
●スポーツを通じて経験する「我慢」と「ルールを守る→《人間形成の確立》

団体生活の中、先生や師を敬う心、先輩や後輩との上下関係や信頼関係、勝負で味わう喜怒哀楽など、社会に出てから人として必要となる環境が経験できるのです。

そして、やはり人間は健康でなくては何もできません。
いくら経済的に余裕や、素晴らしい能力や才能があっても、健康でなくては何の意味も持ちません。
大人になってからの健康を保つためにも、子供のうちにしっかりと体を動かすことが必要です。

これからの日本の未来を担い、そして日本を支えていく子ども達にとって、一生の財産となる健康。
オリンピックメダリストの池谷氏だから伝えられる、子供達の未来のための「心とからだの教育」のお話です。

「池谷幸雄の親子体操」※参加型※

「池谷幸雄の親子体操」※参加型※

※90分程度のイベントの例

●講和

~夢を持つことの大切さ、体を動かすことの大切さ、礼儀の大切さや、子供の体の仕組みなど~

 

●整列、挨拶

~姿勢を正し、大きな声での挨拶からスタート~

 

●準備体操

~コーチの号令に合せて準備体操。どこの部分をストレッチしているか説明して、理解させながらの指導~

池谷体操準備.JPG

 

●柔軟体操

~声を出してトレーニングし、毎日の継続の大切さを伝えます。~

池谷体操柔軟②.JPG池谷体操柔軟①.JPG池谷体操柔軟③.JPG

 

●親子体操

~親子二人でペアを組み体操を行います。親子が同時に作業するので信頼関係とコミュニケーションが必要となり、絆を強めます。自宅で可能な運動なので、自宅に帰ってからも親子で楽しく続けることができます。~

活動実績

TV

池谷幸雄氏の主な出演作品

  • ANB「スーパーモーニング」
  • KTV「ときめき時代」主演
  • KTV「ニュースわからんチー」
  • CX 「スーパータイム」(アトランタ五輪キャスター)
  •       「ゴルフG1チャンネル]
  •     「クイズ!ヘキサゴン」
  •     「もしもツアーズ」
  • NTV「TVおじゃマンモス」
  • TBS「筋肉番付」「世界バリバリ☆バリュー」

他多数

著書
ビデオ
  • 「池谷幸雄のらくらく体操」(小学館1996年)
  • 「池谷幸雄の10分間チューブダイエット“ウェストシェイプ”」(ポニーキャニオン1996年)
CD

シングル

  • 「見つめていたい」(WITHチャン・チェン)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー