池田浩美(いけだひろみ)

元サッカーなでしこジャパンチームキャプテン
京都文京中学校・高校女子サッカー アドバイザーコーチ

【主な講演テーマ】

 「バトンタッチでつないだ、なでしこ・佐々木ジャパンのキャプテンシー」
「遅咲きデビューのプレッシャーを自分の成長へ~わたしのなでしこキャプテン人生」

【登録テーマ】
【出身地】 埼玉県

講師プロフィール

1975年12月22日生まれ、埼玉県出身。
本庄第一高等学校卒業後、田崎ペルーレに入団。主なポジションはディフェンダー。

小学校時代はバレーボール、中学生時代は陸上競技に取り組んでおり、高校生で好きになった人がサッカーをしているのを見て、自分も始めたという、異例の経験の持ち主。
なでしこリーグでは、新人賞獲得を皮切りに、ベストイレブン9回、敢闘賞2回獲得という輝かしい成績を収め、2004年のアテネ五輪では、ゲームキャプテンとしてチームを牽引、大きく貢献。

その後、2007年FIFA女子W杯では、既婚者プレーヤーとして旧姓の「磯崎」から「池田」に改姓しての出場となった。
2008年東アジア選手権では優勝、なでしこジャパン初タイトルに大きく貢献したが、同年、所属チームの休部に伴い、惜しまれつつも現役を引退。
現なでしこJAPANの佐々木監督とは、コーチ時代から代表メンバーとして一緒に闘っており、現キャプテンの澤選手の前任でもある。

池田浩美氏の講演テーマ

・ 「バトンタッチでつないだ、なでしこ・佐々木ジャパンのキャプテンシー」

現なでしこジャパンのキャプテン・澤穂希選手の前任として、チームを牽引し、佐々木監督の下で飛躍の一端を築いた2008年北京五輪での4位入賞。
当時キャプテンとして、佐々木監督が築いてきたチームのマネージメント術や澤選手に引き継いだキャプテンシー、成績が思うように行かない時期、どのようにして佐々木監督とチームをまとめ支えて行こうと話してきたのかなど、「今のなでしこジャパンに最も近い存在」の1人ならではのこぼれ話もお伝えし、
諦めないことの大切さや苦しいときこそチーム一丸となって踏ん張る精神力の在り方のヒントをお届け致します。

 

・「遅咲きデビューのプレッシャーを自分の成長へ~わたしのなでしこキャプテン人生」

勉強嫌いな私に何か取り組めるものを、と母が薦めてくれたのがスポーツでした。
小学校ではバレーボール、中学校では陸上と、サッカーとは全く違ったスポーツに取り組み、16歳で初めてサッカーボールを蹴りました。
高校から始めたサッカーでなでしこリーグに所属するチームへの入団、そして、なでしこジャパン入り、キャプテンとしてオリンピックに出場させていただくことが出来ました。
好きだったサッカーでしたが、なでしこジャパンに選出されると、代表レギュラーに囲まれた環境で、プレッシャーや怖さが襲い、代表召集のときは遠征拒否に陥り、前日は家で泣いたものです。
そんな私が任命を受けた、更に重い「キャプテン」という役割。大きなプレッシャーを自分の成長のための試練として、わたしなりの方法でチームをまとめられるよう努め、後任の澤選手に引き継ぎました。
一般的にみれば想像もつかないようなストーリーかもしれませんが、もちろん私は特別な才能を持っているわけではありません。誰でも、必ず諦めなければやりたいことが出来るのです。こんな私のプレッシャーや壁にぶつかったときの乗り越え方が、皆さんの生きるヒントに少しでもお役立てできたら嬉しいです。

 

 

 

▼ココがオススメ!

元サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」キャプテンとして知られる池田浩美氏。2004年から引退する2009年まで、なでしこジャパンのキャプテンを務め、その後、第一誌となる長女を出産し、「ママさん指導者」としてグラウンドへ復帰します。  池田氏が指導者として注目される理由の一つが、高校からサッカーを始めて日本代表に選ばれたという経歴です。サッカーに限らず、あらゆるスポーツでトップに上る詰めた選手の多くは、幼いときから英才教育を施されており、「栴檀は双葉より芳し」と、幼少時から人並み外れて優れているものです。そのため、サッカーデビューの遅い池田氏は、ドリブルやリフティングなど、ボールの基本テクニックで苦労し、人並みはずれた努力で克服します。  小学校ではバレーボール、中学校では陸上競技に打ち込んだ池田氏は、サッカーを始めてからは一筋に打ち込みますが、その理由は「初めて思うようにできなかったスポーツ」だからと。さらに、ある監督から、反応の早さ、ヘディングの高さ、ボールに突っ込む闘志がすぐれている点を指摘され、「自分も後進にそうした気づきを与えられる指導者になりたい」として、現在、京都文京中学校・高校女子サッカー アドバイザーコーチを務めています。  そんな池田氏の講演は、人生、夢の実現、経験、スポーツ、オリンピック、サッカー、ワールドカップ、ビジネス、組織論、リーダーシップなどの内容に及び、「バトンタッチでつないだ、なでしこ・佐々木ジャパンのキャプテンシー」「遅咲きデビューのプレッシャーを自分の成長へ~わたしのなでしこキャプテン人生」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  日本代表に選ばれてからは、周囲との実力の差に落ち込むものの、欠点を克服する努力をしながら、自分の長所をチームの中でどう生かすかを考え、最終的にキャプテンを務めることになったエピソードも披露。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、池田氏ならではの、決してトップレベルにはない選手の気持ちや技量などに対する共感と、理解の深さを知るのです。

経歴

1989年 埼玉県上里町立上里東小学校卒業
1992年 埼玉県上里町立上里中学校卒業
1995年 埼玉県立本庄第一高等学校卒業
1995年 田崎ペルーレ入団
1997年 親善試合でなでしこジャパン初選出
1999年 FIFA 女子世界選手権出場
2003年 FIFA 女子W杯出場
2004年 アテネ五輪出場
2007年 FIFA女子W杯出場
2008年 東アジア女子サッカー選手権大会 優勝
       2008 AFC女子アジアカップ3位
       北京五輪4位入賞

【代表キャップ数】
119試合出場、4得点

【個人タイトル】
新人賞 1995年
敢闘賞 2005年、2007年
ベストイレブン 1999年~2008年まで

著書

「荒れ地に花は咲く―サッカーへたくそ少女、なでしこジャパンの飛躍を支える」(アートヴィレッジ)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー