飯沼誠司(いいぬませいじ)

ライフセーバー

【主な講演テーマ】

「チャレンジすることの大切さ」「正しい判断力を養う秘訣」「日本のライフセービング(ボランティア)の現状」「海の大切さ・自然の尊さ」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

日本人ライフセ-バーとして初めてのプロ契約を果たし、全日本選手権アイアンマンレースでは5連覇、海外のレースでも数々の好成績を収める。

本場のライフセービングを体験してきた先駆者として、次代を担う若手の育成、ライフセーバーの地位向上、海岸の環境保護、水難事故の防止策、チャレンジ精神の大切さを伝える講演活動にも積極的に取り組んでいる。

■経歴

3歳持病のぜんそくを克服するために水泳を始める。小学校ジュニアオリンピックに背泳の選手として出場。高校インターハイに背泳の選手として出場。

<東海大学時代>

ライフセービングの本場オーストラリアの競技会や実際のレスキューシーンに魅せられ、ライフセービング部に入部。すぐに国内の競技会で頭角をあらわし、ライフセ-ビング競技の花形種目アイアンマンレースをメインに活躍

 
<大学卒業後>
 
オーストラリアが主催するアイアンマンレースのワールドシリーズ「ワールド・オーシャンマンシリーズ」に日本代表として選出、日本人ライフセ-バーとして は初めてのプロ契約を果たす。
 
 
<現在>
 
全日本選手権アイアンマンレースでは5連覇という偉業を達成し、全米ライフガード選手権で5位に入賞など海外のレースでも数々の好成績を収める。ライフセーバーとして水難救助・救命活動は、競技者・タレント活動と平行し継続して行っている。

 

講演内容

 日本人初の“イケメン”プロライフセーバーとして知られる飯沼誠司氏。バラエティーやドラマでも活躍し、モデル顔負けの甘いルックスで、若い女性を中心に高い人気を誇っています。

 高校時代まで競泳(背泳)選手として活躍。しかし、思うように記録が伸びず挫折を味わうことになりますが、それをきっかけにライフセービングに興味を示し、大学時代はライフセービング部に所属。海外の競技会でも実績をあげます。

 ライフセービングは、自然を相手にする競技であり、プールでは得られない刺激と戦わなければならなかったものの、水泳やマラソンなどそれまでやってきたことすべてが活かせるため、却ってモチベーションも高くなったという飯沼氏。

 そんな飯沼氏の講演は、モチベーションやスポーツをはじめ、水泳、環境、環境ボランティアなどの幅広い内容に及び、「チャレンジすることの大切さ」「正しい判断力を養う秘訣」「海の大切さ・自然の尊さ」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 講演、フォーラム、セミナー、トークショーでは、特に、アスリートとしての環境づくりの重要性を指摘。集中できる環境さえつくってしまえば、勉強や仕事をしながらでも、激しい練習は可能になるとしています。アスリートの中には、試合のために何日も休暇をもらう人は少なくなく、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人には、何事においても、自分ががんばっている姿を周囲に見せることで、理解と協力を得られるようになることを示してくれます。

講演テーマ

「海の大切さ・自然の尊さ」
海外のライフセーバーが日本に来て必ずいう言葉があります。
「日本のビーチは汚い」と。
日本人としてこんなショックなことはありません。
僕たちライフセーバーは、ケガ防止のためなどの意味もあって
海岸の美化から一日の活動を始めますが、
ひとりひとりが環境保護の意識を持つだけで、
ビーチは見違えるように美しくなるのです。
 
本当の海の素晴らしさ、自然の偉大さに敬意を表しつつ、
みんなで大切な海を守っていきましょう。
「チャレンジすることの大切さ」
これまで様々なことにチャレンジしてきて、今の自分があります。
大学4年生の時に全日本選手権で優勝し、その後プロのライフセーバーになって
世界を転戦してみないかとの誘いがあり、オーストラリアでプロ契約を結びました。
当時僕は、旅行代理店・JTBに就職が内定しており、2足のワラジを目指したのですが
それまでビデオで見ていた世界のトップライフセーバーたちとの差は歴然でした。
日本では経験したことのない、3フィートを超える波を軽々と超えていく外国人選手との
レベルの違いに、大きな挫折感を味わいました。
しかし、「このままでは彼らとの差は埋まらない」と一念発起して、半年で退社を決意。
その後アテンドしてくれる人もいない海外で、当時はまだ話せなかった英語で何とか
コミュニケーションを取り、プロ活動に専念したのです。
この経験は僕を強くしてくれました。
簡単に出来ると思って始めた俳優業でも、なかなかうまくいかずに挫折を味わったのです
が、これまで培ってきたチャレンジ精神で何とか乗り越えることができたのです。
「日本のライフセービング(ボランティア)の現状」
日本のライフセービング界はまだ遅れています。
消防士のように、公務員として確立しているオーストラリアに比べ、
日本はほとんどがボランティアに頼っています。
実際のライフセービングの現場では、まだまだ経験が少ない大学生が中心となって
活動しているのが現状です。
ライフセービングは水難事故が起こる前に未然に防がなくてはいけないのです。
先日起こった流れるプールでの死亡事故の一件でも、
監視員はアルバイトに任せきりということが報道によって明らかにされました。
水の怖さを知る立場として、あのような悲劇は二度と繰り返してはならないと思います。
そこで、海や水の事故をいかにしたら防ぐことが出来るか、ということを
本場のライフセービングを体験してきた経験から具体的にお話しします。
「正しい判断力を養う秘訣」
ライフセービングには一瞬の判断の誤りが生死を分けることがあります。
大学2年の時、はじめて人命に関わる救助をしたのですが、
自分の未熟さを思い知りました。
タワーに上って監視活動をしている時、
中学生の男の子のひとりが波にさらわれました。
慌てて海に飛び込んだものの、その時僕は救助するための
道具一つ持たずに飛び込んでしまったのです。
男の子のもとに辿り着くと、彼はパニックになって僕にしがみついてきました。
「このままでは2人とも溺れ死んでしまう…」と思ったとき、
遊泳ブイにつながれたロープが指先に触れたのです。
そのあと、先輩が救命道具を持って駆けつけてくれて事なきを得ましたが、
 
もし、あの時近くにロープがなかったら…。
もし、先輩が助けに来てくれなかったら…。
 
ライフセーバーとして、刻一刻を争う場合でも、冷静で正しい判断が出来る精神力が
必要だとその時思い知らされたのです。
 
この一件以来、数々の救命の現場に立ち会ってきました。
それらの経験の中から、正確な判断が出来る精神力を
身につけた秘訣をひとつずつお話しします。

戦績

戦績
1997年
・ワールドオーシャンマン・シリーズ 日本代表 シリーズ総合27位(全6戦)
 ※日本人ライフセーバーとして初めてのプロ契約
・ジャパンサーフカーニバル ランスイムラン優勝
・ハワイアンインターナショナル レスキュースイム3位
・第23回全日本ライフセービング選手権 アイアンマンレース優勝
1998年
・RESCUE '98 世界大会 アイアンマンレース9位
・ャパンサーフカーニバル ランスイムラン優勝
・米ライフガード選手権 アイアンマンレース5位
・第24回全日本ライフセービング選手権 アイアンマンレース優勝(2連覇)
1999年
・スーパーライフセービングイン白浜 アイアンマンレース優勝
・第25回全日本ライフセービング選手権 アイアンマンレース優勝(3連覇)
2000年
・RESCUE '00 世界大会 アイアンマンレース13位
・ハワイアンインターナショナル キングスレース16位
・第26回 全日本ライフセービング選手権 アイアンマンレース優勝(4連覇)
2001年
・ハワイアンインターナショナル キングスレース21位
・リゲインスーパーライフセービング アイアンマンレース準優勝
・第27回 全日本ライフセービング選手権 アイアンマンレース優勝(5連覇)
・カヤックフラットウォーター全日本選手権 1000M 8位
(2001年ランキング8位)
2002年 ・第28回 全日本ライフセービング選手権 アイアンマンレース準優勝
2006年 ・第32回 全日本ライフセービング選手権 サーフスキーレース3位
2007年 ・第33回 全日本ライフセービング選手権 アイアンマンレース準優勝
2008年
・第21回 全日本ライフセービング・プール競技選手権
 100M レスキューメドレー 第3位
 50M マネキンキャリー 第2位
・第34回 全日本ライフセービング選手権 オーシャンマンレース優勝(最年長記録)
2009年
・第22回 全日本ライフセービング・プール競技選手権
 100M レスキューメドレー 第3位
 50M マネキンキャリー 第2位
・第35回 全日本ライフセービング選手権
 サーフスキーレース 第3位
 オーシャンマンレース 第6位入賞

メディア

最新情報
  • 【テレビ】
  • 「ザ・ベストハウス123」CX系列 水曜21時~ 準レギュラー
  • 【CM】
  • イオン「AEONのスポーツサイクル」
  • 「表参道ヒルズ4周年」ビジュアル
  • ミズノ「スイム」&「ランニング」イメージキャラクター
TV
2010年
「ザ・ベストハウス123」CX ※準レギュラー
「イケメンデルの法則」KTV ※不定期出演
「シアワセ結婚相談所」NTV
「列島発!第2のふるさと新発見!!~夢を追った僕らの挑戦」BS-TBS
「笑っていいとも!」CX
 など
2009年
「ザ・ベストハウス123」CX ※準レギュラー
「地球感動配達人 走れ!ポストマン」MBS ※レギュラー
「イケメンデルの法則」KTV
「今夜決定!史上最強のベスト3アワード2009」CX
「もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!」EX
「笑っていいとも!」CX
「オススメッ!」NTV
「爆笑レッドカーペット」CX
「緊急3時間スペシャル 命を救う奇跡ドクター」CX
「スペシャルギフト」NTV
「キャンパスナイトフジ」CX
「熱血!平成教育学院」CX
「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」CX
「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2009」BS朝日 ※レギュラー
「踊る踊る踊る!さんま御殿!!」NTV
「J-SPORTSワイド」CS-J-SPORTS
「FILM FACTORY」TX (ミニドラマ初監督脚本)
「時間制限バラエティー タイムマン」EX
「FNS人気番組対抗!オールスタークイズ!!2009」CX
「列島発!第2のふるさと新発見!!~夢を追った僕らの挑戦~」TBS
2008年
「ザ・ベストハウス123」CX ※準レギュラー
「地球感動配達人 走れ!ポストマン」MBS ※レギュラー
「新春爆笑ゴールデンピンクカーペット」CX
「ヘキサゴンⅡクイズパレード!!新春3時間スペシャル」CX
「ザ・ベストハウス123 新春大プレゼン祭り」CX
「今夜決定!史上最強のベスト3アワード2008」CX
「ザ・ベストハウス123 春の3時間プレゼン祭り」CX
「爆笑レッドカーペット」CX
「必着!がむしゃらポストマン」MBS
「メレンゲの気持ち」NTV
「冒険楽園 バリ島」BS朝日
「元気の源泉」TBS
「オールスター感謝祭 2008秋」TBS
「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2008」BS朝日 ※レギュラー
「タナゴコロータス」KTV
「開運!なんでも鑑定団」TX
「FNS2008年クイズ!!」CX
2007年
「クイズプレゼンバラエティQさま!!!」EX
「海筋肉王芸能界最強王座決定トーナメント」CX
「ヘキサゴンIIクイズパレード!!」 CX
「松方vs哀川 釣りバカキング巨大魚が大集結!!釣れるまで帰りませんスペシャル」CX
「ザ・ベストハウス123  今夜は4時間生放送!史上最強のプレゼン祭」CX
「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2007」 BS朝日 ※レギュラー
「ヘキサゴンII 超クイズパレード! 2時間スペシャル」CX
「ジャンクSPORTS」 CX
「ザ・ベストハウス123」 CX
「今田ハウジング」 NTV
「ジャンクSPORTS 大晦日SP 浜田のハダカ祭り」CX
2006年
「カスペ!“部活(お台場綱引部)”」CX
「今夜はえみぃ~GO!!」MBS
「ジャンクSPORTSスペシャル」CX
「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」ABC
「第9回東京・荒川市民マラソンの舞台裏」TBS
「たかじんONEMAN」MBS
「ジャンクSPORTS」CX  (スポーツファンタスティック)
「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2006」BS朝日 ※レギュラー
2005年
「海筋肉王“バイキング”芸能人スペシャル」CX
「美女100人爆弾!女のウエポン4」MBS
「オールスター感謝祭05春超豪華!クイズ決定版」TBS
「春のお台場筋史上最大のフィールドアスレチック
 海筋肉王スペシャル全世界最強王者決定戦!!」CX
「世界一受けたい授業」NTV
「金のA様 × 銀のA様“お見合いお嬢様”」NTV
「秘密のひらめ筋」NTV
「@サプリッ!“假屋崎省吾の男前レボリューション”」NTV
「メレンゲの気持ち 」NTV
「ザ!世界仰天ニュース“動物スペシャル”」NTV
「NANDA!?最強スイミング王決定戦」EX
2004年
「知っとこ!」MBS
「スポーツマンNo.1決定戦~第13回芸能人サバイバルバトル~」
「ジャンクSPORTSスペシャル」CX
「ジャンクSPORTS」CX
「今日も大吉!パンパンパン」ABC
「@サプリッ!」NTV
「朝は楽しく!」TX
2003年
「スポーツマンNo.1決定戦 芸能人サバイバルバトル」TBS
「世界のテレビに出るンじゃぽね」EX
「怪傑えみちゃんねる」KTV
「ジャンクSPORTSスペシャル」CX
「スポーツマンNo.1決定戦 芸能人サバイバルバトル」TBS
2002年
「ジャンクSPORTS」CX
「踊る!さんま御殿!!」NTV
「剛力王」CX
「土曜日の原宿」BS Asahi
「中居正広の金曜日のスマたち」TBS
「ナイナイサイズ」NTV
「メンズキャイーン」EX
「踊る!さんま御殿!!スペシャル」NTV
2001年
「ジャンクSPORTS」CX
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」NTV
「踊る!さんま御殿!!」NTV
「SMAP×SMAP」CX
「MUSIX!」TX
「王様のブランチ“boom up イケメン”」TBS
「ザ・ジャスト“お助け”」TBS
2000年
「アロハ」TX (準レギュラー)
「スポーツビートWINTER」TX
「Movin′You.HONDA」SPORTS-i ESPN
1999年
「トップランナー」NHK
「勇気のメダル」TX
「スポーツビート」TX
1998年 「THE CHALLENGER」SPORTS-i ESPN
1997年 「BODY」KTV (レギュラー)(~01年)
CM履歴
  • 「ミズノ スイム&ランニング」ミズノ(株)
  • 「イオンのスポーツサイクル」イオンリテール(株)
  • 「ジョグメイトプロテイン」(株)大塚製薬
  • 「ライフガード」(株)資生堂コスメニティ
  • 「ラガースペシャルライト」キリンビール(株)
  • 「スポーツクラブ メガロス」(株)メガロス
  • 「タグ・ホイヤー」LVMHウォッチ・ジュエリージャパン(株)
  • 「凄麺」ヤマダイ(株)
  • 「ドールスウィーティオ」(株)ド-ル
  • 「アレグラ(花粉症受診啓蒙キャンペーン)」(株)アベンティスファーマ
  • 「ダイビングプロ “アウアウ”」(株)アウアウグループ
  • 「ユニクロ “ボディテック”」(株)ファーストリテイリング
  • 「ザバスアクア」明治製菓(株)
ドラマ
2001年
「早乙女タイフーン」EX 準レギュラー
2002年
「救急救命士・牧田さおり」EX レギュラー
「TOYD」WOWOW
「一獲千金夢家族」TBS レギュラー
2003年
「救急救命士・牧田さおり 2」EX レギュラー
「一獲千金夢家族 2」TBS レギュラー
2004年
「テイクオフ!」KTV
「救急救命士・牧田さおり3」EX レギュラー
「東京ミチカ」CX
2005年
「殺人リプレイ」EX
「救急救命士・牧田さおり4」EX レギュラー
「空中ブランコ」CX
「天才テレビくんMAX」NHK
「海猿」CX
「おとなの夏休み」NTV レギュラー
「ボイスレコーダー」TBS
2006年
「鉄道捜査官7」EX 村川 透 監督 ゲスト主役
2007年
「救急救命士・牧田さおり5」EX レギュラー
「功名が辻」NHK大河ドラマ
「相棒5」EX
2008年 「トラベルライター榊祐子」TX
2009年 「救急救命士・牧田さおり6」EX レギュラー
映画
2001年
「ウォーターボーイズ」  矢口史靖 監督
「ハッシュ!」  橋口亮輔 監督
2004年 「海猿(UMIZARU)」  羽住英一郎 監督
2005年
「しあわせなら手をたたこう」  内田英治 監督
「バッシュメント」  布川敏和 監督

 

舞台
  • 「LIVE ON・新撰組」
  •  沖田総司役(主役)
  • 「ニューヨーク青春物語~アランとバディ~ 」ニール・サイモン原作
  •   アラン役(主役)
  • 「GOOD LADY × BAD BOY」
  •  バッド役(主役)

著書

『水泳上達BOOK』(盛美堂出版社)
内容(「MARC」データベースより)
華麗なクロールで400mを泳ぐことを目標に、誰でも楽しめるスイミングのコツ、トレーニング法から、水中ストレッチのポイントとバリエーション、スイマーのための栄養学、トレーニングメニューなどを写真・イラストで解説。
 
▼amazon
 
  • 単行本: 175ページ
  • 出版社: 成美堂出版
  • 発売日: 2001/06
  • 商品の寸法: 21 x 15 x 1.6 cm
『パーフェクト スイミング ブック』(ベースボール・マガジン社)
内容(「MARC」データベースより)
従来の水泳の教科書とはひと味違う本。
写真を見ただけでも楽しめ、泳ぎのイメージがどんどん広がる。
クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライのテクニックを紹介し、コツを丁寧に教える。
 
▼amazon
 
  • 大型本: 114ページ
  • 出版社: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2002/04
『飯沼誠司式 筋肉トレーニングBOOK』(コスミック出版)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー