樋渡啓祐(ひわたしけいすけ)

樋渡社中 Founder & CEO 前佐賀県武雄市長

【主な講演テーマ】

「地方創生の光と影〜武雄市の実例から〜」
「教育革命〜官民一体型小学校から考える〜」

【登録テーマ】
【出身地】 佐賀県

講師プロフィール

1969年佐賀県武雄市生まれ。
1993年総務庁(現総務省)に入庁。
内閣中央省庁等改革推進本部事務局、高槻市市長公室長などを経て、2004年総務省大臣官房秘書課課長補佐で退職。
2005年当時全国最年少36歳で武雄市長に就任。

ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」の誘致、市民病院の民間移譲、年間100万人の武雄市図書館の実現を図り、AERA、日経BP「日本を立て直す100人」等にも選ばれる。
2015年1月佐賀県知事選で敗れ、まちづくりの株式会社である樋渡社中を結成しCEO。
内閣府所管である地域経済活性化支援機構の社外取締役、関西学院大学大学院客員教授、ふるさとスマホ株式会社会長等に就任。
趣味はランニング、料理、音楽、読書、旅。今まで40か国を放浪。

 

昭和44年(1969年)11月 18日生まれ(佐賀県武雄市)
昭和63年(1988年)3月 佐賀県立武雄高等学校卒業
平成5年(1993年)3月 東京大学経済学部卒業
平成5年(1993年)4月 総務庁人事局(現総務省)入庁
平成6年(1994年)4月 総務庁長官官房総務課
平成8年(1996年)4月 沖縄開発庁振興局調整係長
平成9年(1997年)12月 内閣官房(中央省庁再編基本法準備室)主査
平成10年(1998年)7月 内閣中央省庁等改革推進本部事務局主査
平成12年(2000年)1月 内閣府(沖縄新法準備室)参事官補佐
平成14年(2002年)4月 総務省大臣官房管理室(公益法人改革担当)参事官補佐
平成15年(2003年)4月 高槻市市長公室長(総務省から出向)
平成17年(2005年)12月 総務省大臣官房秘書課課長補佐(総務省を退職)
平成18年(2006年)4月 武雄市長就任
平成19年(2007年)10月 関西大学客員教授就任
平成20年(2008年)12月 市長選挙
平成22年(2010年)4月 市長選挙
平成26年(2014年)4月 市長選挙
平成27年(2015年)1月 佐賀県知事選で敗れる
平成27年(2015年)2月 樋渡社中Founder & CEO就任
平成27年(2015年)6月 株式会社地域経済活性化支援機構社外取締役就任
平成27年(2015年)7月 オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合事務局長就任
平成27年(2015年)7月 ふるさとスマホ株式会社代表取締役社長就任
平成27年(2015年)12月 関西学院大学大学院客員教授就任
平成28年(2016年)4月 ふるさとスマホ株式会社会長就任

 

主な講演テーマ

「地方創生の光と影〜武雄市の実例から〜 」 
武雄市長時代に行ってきた市民病院の民間委譲、年間100万人の武雄市図書館の実現を始めとした地方創生、市民協働の施策の舞台裏、表と裏をお話しします。それと同時に、皆さんがお住まいの地域の生き残り策についてお話しします。

「地方創生」
ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」の誘致、市民病院の民間移譲、市図書館の企業への業務委託など、様々な改革に取り組んだ8年8か月の武雄市政での「結果が出る街づくり」の秘訣をお話いたします。

「教育革命〜官民一体型小学校から考える〜」
ICT(情報通信技術)活用や全国学力テストの結果公表などを実施した教育改革。
2014年度から、市内の小学生全員に持ち帰りを前提としたタブレット端末を配布。
また、教育改革のひとつである「官民一体型学校」は、子どもたちが自立できる大人に成長してもらう、という思いから始まる。
市と市教委、民間側のパートナーとして花まる学習会(さいたま市)は2015年度から10年間、「生き抜く力を育む教育」を実践する連携協定を結んだ。
新しい試みの教育として注目されている、子どもの自立を促す独特の教育方法について講演。

「地域のICT化」
武雄市役所HPのFacebook化、地元産品の通販化、農業のICT化、教育のICT化など次々に取り組んできたが、その経験談、そして、今後の地域のICT化についてお話しします。

「リーダーシップ」
当時36歳、全国最年少市長として、500人の職員を率いてきた経験、その成功例と失敗例をお話しします。

「リーダーシップ」
人口5万人の都市に、半年で来館者数50万人もの図書館設立で話題沸騰!
既成概念にとらわれず、現状をどのように打破していったのか?
お金の流れ、会議をどのように変え、どのように実行していったのかなど実例を交えてお話しさせていただきます。
究極のリーダーシップ・モチベーションの在り方をお伝えします。

「地域ファンド」
補助金や交付金に頼れない今、地域ファンドが次々に立ち上がると見こまれるが、その、対処の仕方をお話しします。

「批判への対処の仕方」
武雄市では、私が市長着任時には8人のうつ病患者がいたが、8年後、辞めるときは、ゼロになった。
それは、組織一丸となって、組織内外からの批判に対して、真っ当に対処したからだと考える。
その経験と実績についてお話しします。

 

市長は市の総合プロデューサーであることから、コーディネーターであるという発想で、財政のスリム化や投資に積極的に取り組んでいる。
地域経営の手法について、従来思考からの脱皮による成功事例や、発想の転換へのヒントを、市民とともに進めてきた取り組みを交えて講演。

 

過去の講演テーマ

 「武雄市の取り組みを題材にした地域活性化」
「組織を動かす人づくり」
『「佐賀のがばいばあちゃん」に見る観光振興』
「個性を活かすアイデアと行動力~活性化に必要なもの~」
「元気な町!元気な職員~地域活性化と人材育成~」
「武雄市における力強い地方づくりと市民コミュニティ 」

 

講演実績

温泉米沢八湯会/経営者が元気になるセミナー事務局/彦根青年会議所/みえ熊野古道商工会/NPO法人まちづくり学校/長崎県壱岐市青年農業者会/総務省/福島県ICT協議会/東京大学/慶應義塾大学/日本商工会議所/日本青年会議所 その他多数

メディア情報

テレビ
フジテレビ 新報道2001/ めざましテレビ
テレビ西日本 土曜ニュースファイルCUBE/ ももち浜ストア(夕方版)
日本テレビ バンキシャ!

新聞
日経新聞 / 朝日新聞 / 讀賣新聞 / 毎日新聞 / 西日本新聞 / その他多数

雑誌
自遊人 / Discover Japan

WEB
日経プライム

著書

『沸騰! 図書館 100万人が訪れた驚きのハコモノ...』(KADOKAWA/角川書店)
『DVD付 反省しない。 (経営)』(KADOKAWA/中経出版)
『首長パンチ--最年少市長GABBA奮戦記』(講談社)
『「力強い」地方づくりのための、あえて「力弱...』(ベネッセコーポレーション)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー