広澤克実(ひろさわかつみ)

スポーツコメンテーター

【主な講演テーマ】

「私のプロ野球人生 ~野村・長嶋・星野監督から学んだ事~」
「人に学ぶ」

【登録テーマ】
【出身地】 茨城県

講師プロフィール

生年月日:1962年4月10日
出身地 :茨城県

栃木県立小山高校
明治大学−ヤクルトスワローズ(1985年〜1994年)
読売ジャイアンツ(1995年〜1999年)
阪神タイガース(2000年〜2003年)

 

講演内容

 ヤクルト、巨人、阪神で活躍した元プロ野球選手・広澤克実氏は、打点王2回、最多勝利打点2回などのタイトルを獲得するなど、その強打で知られていました。

 1984年にドラフト1位でヤクルトスワローズに入団し、2度のリーグ優勝に貢献。1994年に読売巨人軍に移籍するも、ケガに悩まされ、不本意な時期を過ごすことになりますが、2000年に阪神タイガースに移籍し、代打の切り札として活躍します。

 そんな広澤氏の講演テーマは、「私のプロ野球人生 ~野村・長嶋・星野監督から学んだ事~」「人に学ぶ」など。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOKです。

 講演、フォーラム、セミナー、トークショーで広澤氏は、野村克也氏、長嶋茂雄氏、星野仙一氏の3監督の性格の特徴を、信長、秀吉、家康の“ホトトギス”に例え、野村氏を「鳴かぬならよーく考えよホトトギス」、長嶋氏を「鳴かぬなら鳴くのと取り替えよホトトギス」、星野氏を「鳴かぬなら気合いで鳴かせよホトトギス」と表現。

 また、野村氏からは、練習の意味は「PDCA(プラン・ドゥ・チェック・アクション)サイクルの繰り返しである」と教えられたことや、長嶋氏からは、「お客さんに夢と希望を与え、笑顔にできなければプロ失格」という、職業野球人のあり方を学んだことなどを紹介してくれます。

 41才7カ月まで野球を続けてきた広澤氏は、大いなる熱意と、何事にも一生懸命に挑むことを信条としており、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、そんな広澤氏の生き方と人柄に接し、元気と励ましをもらうことができるのです。

受賞・主要記録

打点王:2回(1991年、1993年)
最多勝利打点:2回(1990年、1992年)
ベストナイン:4回(1988年、1990年、1991年、1993年)
1180試合連続出場(1986年10月12日〜1995年10月8日)
サイクルヒット(巨人時代の1997年9月26日達成)
オールスターゲーム出場:8回(1987年〜1994年)
オールスターゲーム最優秀選手(1991年第2戦)

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー