松田美智子(まつだみちこ)

日本雑穀協会理事 / 料理研究家
テーブルコーディネーター / 女子美術大学講師

【主な講演テーマ】

料理・食育についての講演
★料理教室も承ります。お気軽にスタッフまでお問合せください!

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1955年東京生まれ、鎌倉育ち。
清泉小学校、中学、高校卒業。
女子美術大学卒業。
ホルトハウス房子先生に師事し、各国の家庭料理を学ぶ一方、日本料理、中国家庭料理を学ぶ。

花嫁修業として身につけたお茶、お花、母からの家事仕事が、現在のベースとして活きる。

1984年根っからの美味しい物好き、もてなし好きが功じて、ニューヨークでの体験をもとにパーティプロデユース、ケータリング、
食全般のアレンジ、CMアドバイス会社「パロル」を櫻井莞子と設立。

以後10年たずさわる。仕出しとは違ったお洒落で美味しいケータリングの草分けとして活躍。

1993年より「松田美智子料理教室」を主宰。
季節感を大切に、お洒落で作りやすい料理づくりを心掛ける。
加えて、現代人の悩みである、成人病、肥満を踏まえたオリジナルメニューを開発。楽しく作って、美味しく食べて、体も心も健康をモットーとする。

また、テーブルコーディネートも得意とし、日々の暮らしに生かせるテーブルコーディネート、フラワーコディネートを実践している。
そのほか、メニュー開発、システムキッチンの開発。料理本、エッセー、雑誌、テレビ、CM 、講演、パーティープロデュースを仕事とする。

最近のテーマは、日本のスローフード。素材の味、風味を活かした理にかなった調理法の追求。
また、食に携わる日本女性としての位置づけに努力を重ねる。

最近では日々愛用する調理道具、エプロンが話題となり、家庭用品の開発も手がける。

1999年より健康のため、ピラティスのパーソナルトレナーの指導の下、運動効果と食事の相乗効果を実体験。

2007年より本格的にオリジナル調理道具、食器の制作に携わる。

2008年「理(ことわり)」「自在」をテーマにプライーベートブランド「松田美智子の自在道具」を立ち上げ
現在の日本に必要な調理道具を使い手の立場から開発。
また、ベーシックな食器の開発を手がける。
同年、松田が日々取り寄せをしている調味料、食材を「松田美智子のお取り寄せ食堂」として
東京青山のクッチーナフェリーチエを始め全国4店舗にコーナーを設立。

好きな言葉、好きな物、「シンプルイズベスト」が基本。

 

▼ココがオススメ!

 料理研究家、テーブルコーディネーターの松田美智子氏が、料理に関わる仕事をはじめたのは29歳の頃。

 料理の腕前を皆が褒めてくれることがきっかけとなり、ニューヨーク滞在時に、アメリカ流のケータリングサービスに触れる機会を得て、知人のアーティストの個展で、オープニングパーティーのケータリングを頼まれたことを皮切りにフードサービス業を本格的に開始します。

 その活躍ぶりが雑誌で紹介されたことで一気に注目され、従来の仕出屋のようなコンセプトではなく、美味しい食べ物、食べやすい食べ物を提供し、楽しい食事、パーティなどを演出するテーブルコーディネートを実践します。

 その提案も、奇をてらうものではなく、クライアントのニーズに忠実に応え、多くの実績とともに高い評価を得ます。

 結婚後に、料理教室を開講。理にかなった調理法の指導に努め、理論をきちんと解明して指導することで、自由に応用が利く料理が可能になるとしています。

 そんな松田氏の講演は、健康、料理、料理教室、食育などの内容に及び、料理教室を伴う講演も実施してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 最適なレシピを提供し、楽しい食卓を実現するためのテーブルコーディネートなどの実践指導を中心に、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、楽しく料理し楽しく食卓を囲むという小さな積み重ねが、人生そのものを楽しむ秘訣であることを知るのです。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー