林昌範(はやしまさのり)

スポーツコメンテーター/元プロ野球選手

【主な講演テーマ】

「目標達成するために必要なこと」
「常勝軍団のマネジメント理論」
「プロ野球の一流選手から学んだこと」

【登録テーマ】
【出身地】 千葉県

講師プロフィール

2001年ドラフト7位で読売ジャイアンツに入団。2003年に先発としてプロ初勝利を記録。中継ぎに転向後も安定した投球を続け、原辰徳監督のもとで、中継ぎとして期待に応えてチームの躍進に貢献する。2008年に日本ハムファイターズへ交換トレードで移籍。移籍後も左腕リリーフとして活躍しチームを勝利に導く。2012年に横浜DeNAベイスターズへ入団。2014年6月21日の西武戦で勝利投手となりプロ野球全球団勝利を達成する。2017年に現役を引退しユニフォームを脱ぐ。

主な講演テーマ

「目標達成するために必要なこと」
読売ジャイアンツにドラフト7巡目で入団し、一軍に定着するまでに時間を要しました。
その後も故障等がありました。その経験から目標を達成するためには、ライバルの分析、故障しないための努力、聞く耳を持つこと等の自分なりの創意工夫したことがあります。逆境をバネに取り組んだ自分の経験談をお話します。

「常勝軍団のマネジメント理論」
読売ジャイアンツというプロ野球の世界で、常勝軍団と呼ばれる組織に所属してきました。そこでは勝つことが宿命であり、負けることが許されないプレッシャーが強い環境でした。そんな中でも全員が目標に向かっていき、当然のようにクリアしてきました。常勝軍団の勝てる秘訣をお伝えします。

「プロ野球の一流選手から学んだこと」
現役時代に巨人、日本ハム、横浜DeNAで、原辰徳監督を含めて4人の監督の元でプレーし、巨人では工藤公康さん、桑田真澄さん、上原浩治さんなど、一流選手の共に汗を流しました。プロ野球の世界で活躍する選手には必ず共通することがあります。一流選手がなぜ活躍出来ているのかを、私自身の分析した目線でお伝えします。

経歴

1983年9月19日生まれ。千葉県出身。市立船橋市高等学校。
2003年 プロ初勝利を記録する。
2007年 オールスターゲームに出場。セリーグ優勝に貢献。
2009年 日本ハムへ交換トレードで移籍。
2012年 横浜DeNAベイスターズへ移籍。
2014年 プロ野球全球団勝利を達成する。
2017年 現役引退。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・周年行事研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー