長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院代表、ペアレントセミナー主宰

【主な講演テーマ】

「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」

【登録テーマ】
【出身地】 京都府

講師プロフィール

職歴・経歴
1961年 京都に生まれる
1987年 家庭教師システム学院を兵庫県加古川市に設立
2006年 ペアレントセミナーを開始
2007年 読売ファミリーニュース「親学講座」連載開始
2008年 幼稚園・小中学校を中心に講演活動を始める
ブログ「長谷川満の親学講座」を始める
2012年 著書『あなたも子どももそのままでいい』を出版

25年以上多くの家庭教師を指導すると共に、自らも家庭教師として子どもの
自信回復と意欲を引き出す学習指導を実践。
「やってみせて、やらせてみせて、ほめて伸ばす」指導で
多くの子どもたちの成績向上に貢献する。

不登校や発達障害の生徒も数多く指導。
「子どもを変えようとするのではなく、子どもへの見方を変えましょう」
と子どもをプラス視点で観ることの大切さを説く。

子どもの意欲向上や健全育成には良好な親子関係が欠かせないと、
2006年にペアレントセミナーを立ち上げる。
いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、自然体で育てることが
子どもを幸せに伸ばすと「無為の子育て」を提唱。

現在は自治体、PTA、幼小中学校を中心に全国で講演活動中。

自らの指導事例や体験をもとにした話はわかりやすく深い。
詩や曲を取り入れた心に響く講演は「感動した」「心が軽くなった」との感想が多い。

 

長谷川満氏の講演テーマ

「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」
子どもを幸せに伸ばすカギは「あたたかくて信頼し合える親子関係」にあります。
では、そのような親子関係とはどのようなもので、それはどのように築いていけばいいのでしょうか。

● 子どもの自己成長力を信頼する ● 子どものありのままを愛する ● 子どもを尊敬する

それらを体験や具体例をもとにわかりやすく楽しくお話ししていきます。
感動した、心が軽くなった等大変好評をいただいているテーマです。

 

「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
いのちは大切だ、いのちを大切に。そんなこと何千何万回言われるより『あなたが大切だ』、
誰かがそう言ってくれたならそれだけで生きていける ー

これは以前、公共広告機構のCMで使われていたフレーズです。

親から大切にされている自分、自分は大切な存在なんだ。
子どもたちが心からそう思えるように『自己肯定感を育てる関わり』についてお話ししていきます。

 

「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」
普段、親や教師が子どもにかける言葉の8割以上は命令や禁止、叱責、注意です。
子どものやる気を引き出したいのであれば、もっと子どもの考えや気持ちを理解しようとする姿勢が大切です。

『プラスの問いかけ』とは子どもの考えや気持ちを聴こうとするものです。
このように問いかけられると子どもは、自分は大切にされている、認められている、愛されていると感じます。
このように感じるとき子どもは主体的・意欲的に物事に取り組むようになります。

 

 

▼ココがオススメ!

 家庭教師システム学院代表、ペアレントセミナー主宰の長谷川満氏は、26歳で家庭教師として独立し、以降半世紀以上にわたって、子どもの学習指導に留まらず、父兄を対象に良好な親子関係構築を目的としたセミナーも開講しています。  子育ての秘訣は、「○○ちゃんがうちの子でよかった。私の子どもでよかった。ありがとう」と言いながら日々育てることであるという長谷川氏。さらに、子どもには、愛情、安心、ありのままの、3つの「あ」をもって接することを示しています。  そんな長谷川氏に寄せられる講演依頼は、教育、人権、育児などの内容に及び、「子どもを幸せに伸ばす10の秘訣」「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」などのテーマを話してくれます。  講師派遣先は、教育関連のクライアントさまが多く、講演依頼はフォーラム、セミナー、トークショーの形でもOK!特に、育児を内容とした講演には、最も相応しい一人として講師派遣しています。  「家庭教師が子どもを信頼し尊敬することが肝要」という長谷川氏。そうすることによって、子どもも家庭教師を信頼し尊敬するようになるとも。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、相互信頼による良好なコミュニケーションによって、効果的で真に意味のある教育が実現されることを知るのです。

 

講演実績

福島県いわき市教育文化講演会、茨城県県西地区PTA連絡協議会、茨城県八千代町PTA指導者研修会、
茨城県常総市PTA指導者研修会、東京都新島・式根島教育講演会、東京都杉並区高円寺中央児童館、
栃木県真岡市立真岡西小学校、長野県塩尻市立塩尻西部中学校、愛知県安城市家庭教育講演会、
愛知県豊田市こども園保護者の会 、愛知県一宮市教職員組合、三重県桑名市PTA連合会、
石川県能登地区高校校長会、福井県立若狭図書学習センター、福井県小浜市聖ルカ幼稚園、
和歌山県有田川町PTA連絡協議会、和歌山県田辺・西牟婁教頭会、和歌山県白浜町教職員研修会、
奈良県生駒郡人権教育研究大会、奈良県奈良市学童保育を語る集い、滋賀県長浜青年会議所、
長崎県長崎市PTA研究大会、佐賀県三養基郡基山町瀧光徳寺、島根県奥出雲町立横田中学校区教職員研修、
岡山県岡山ふれあいセンター、岡山県高梁市有漢生涯学習センター、岡山県ライフパーク倉敷、
岡山県里庄町教育を考えるつどい、日本生命京橋支社(大阪市)、大阪府大阪市鶴見区人権講演会、
大阪府大阪市鶴見区今津小学校、大阪府大阪市私立城南学園小学校、大阪府大阪市立橘小学校90周年記念講演会、
大阪府枚方市立長尾小学校、大阪府豊中市立熊野田小学校、大阪府堺市あおい幼稚園、大阪府堺市立中百舌鳥小学校、
大阪府松原青年会議所、兵庫県西宮市立高木小学校、兵庫県西宮市立津門小学校、兵庫県新温泉町夢ホール、
兵庫県加東市連合PTA実践発表大会、兵庫県たつの市やすらぎ福祉会館、兵庫県たつの市、兵庫県加古川市
その他講演多数

 

長谷川満氏の講演会来聴者アンケート

・心が洗われた気持でした。明日からの自分が見つかったように思いました。
ありのままでよい、人を許すことの大切さを感じました。

・担任している子どもたちに「そのままでいいよ」という気持ちで接していこうと思いました。
とても聞きやすいお話で元気が出ました。

・「私のところに生まれてきてくれてありがとう」と子どもに言える親になりたいと思いました。
子どもに愛情を伝え、ありのままを受け入れ、温かい心で育てたいです。

・とても感動しました。講演で涙を流したのは初めてです。
私も子どももありのままで行こうと思いました。

・子どもたちをいっぱい愛して、愛されて、みんなが笑顔でいられるよう今の気持ちを大切にしたいと思います。

・これからの生活で物事を見る目が変わりそうです。
教師をしていますが、子どもを目いっぱい愛し、尊敬し、自由に育てたいと思います。

・講演を聞いて子どもが生まれてきたときのことを思い出しました。
本当にうれしくていとおしく心からの愛を感じました。
いつまでも愛と幸せを感じながら歩んでいきたいと思います。

・子育てで頑張ってしなきゃと気負う自分がいました。気が付くと怒ってばかりでした。
ゆっくり子どもと主人と日々楽しく過ごすことが大切ということに気づきました。

・子どもからすでにたくさんの愛をもらっていたんですね。
涙が出ました。ぜひぜひまたお越しください。

・歌のプレゼント、詩のプレゼントはもちろんのこと先生のお話が一番のプレゼントでした。
感動できる内容、納得できる内容でとても充実した時間を過ごすことができました。

・自分自身の子育てで思い直すことがたくさんありました。子どものためにとしていたことが間違いだと気づきました。早く子どもに会いたくなりました。先生のおかげです。大切に育てます。

・多くの講演会の中でも今回はとてもよかったです。歌もとてもよく詩に感動し涙も出ました。

・「私のもとに生まれてきてくれてありがとう。あなたの親でいられることが本当にうれしいです」
そんな気持ちに素直になりました。心がほっこり温かくなりました。

・優しく穏やかな気持ちにさせていただきました。
子ども達一人一人を優しい心でしっかり見ていきたいと思います。

 

メディア情報

メディア出演
読売新聞、神戸新聞、市民タイムス

著 書
「あなたも子どももそのままでいい」

子育ての方法論ではなく、親である自分自身は
「どうありたいのか」「子どもとどのような親子関係を築こうとするのか」
それを考えてもらいたくて執筆しました。

ありのままの自分を許し、受け入れることによって子どものありのままも受け入れられるようになります。
この本を読んで下さった方が少しでも心が軽くなって、
子育てが楽しく思えるようになって下さることを願っています。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー