春やすこ(はるやすこ)

・タレント

【主な講演テーマ】

「今、PTAに求められていること」
「後悔しないお受験」
「笑いの心得で子育てを」

【登録テーマ】
【出身地】 大阪府

講師プロフィール

1976年、漫才コンビ「春やすこ・けいこ」でデビュー。
「漫才界のピンクレディー」と呼ばれ人気を博す。
結婚・出産を機に仕事をセーブし家庭生活に専念。

講演会では、一男一女の母親として、子育てや教育論・お受験について講話、また、長女の幼稚園時代から現在までPTA役員を務めていることから、PTAのあり方などを体験談も交えて話す。

講師略歴
1976年 1月 漫才コンビ「春やすこ・けいこ」を結成。
1982年 1月 第10回日本放送演芸大賞「ホープ賞」受賞
1982年 4月 上方漫才大賞新人賞受賞
1988年12月 ホノルルマラソンに挑戦・完走
1990年 9月 結婚
1991年 1月 長女誕生。
1992年 3月 長男誕生。

教育問題に熱心で、長女の幼稚園年長から現在までPTA役員を務める。
趣味はゴルフ、ドライブ。特技は料理。

主な講演テーマ

「今、PTAに求められていること」
地域のつながりが希薄になっている昨今、もう一度PTA活動を活性化し、子どもたちの教育環境の改善や校外・学校教育を理解し協力することが大切。
子どもが危険に晒されることが多いなか、父兄・学校・地域が一帯となって子どもを守り、教え導かなければなりません。
就労女性の増大などによる社会的変動のなかでは活動の遂行は困難になってきていますが、今一度「私たち父兄にできることは何か」を考えます。

「後悔しないお受験」
子どもの将来に大きくかかわるお受験。
親として何ができるのか?お受験ママの心得とは?
長女・長男を有名私立小学校合格に導き、その後中学・大学受験をサポートしてきた経験をもとにお話します。

「笑いの心得で子育てを」
かわいいわが子を授かった瞬間から子育ては既に始まっています。
親だからとついつい頑張りすぎて疲れていませんか?
子どもと接するとき、自然体で無理せず接することも大切です。
親だって人間なんです。 機嫌がいいときも悪いときもあります。
それでいいんです。

ええ格好せん介護が大切!」

 

講演内容

 タレント・春やすこ氏は、1980年から1982年の漫才ブームにおいて、アイドル女性漫才コンビとして人気を博した春やすこ・けいこのメンバーとして活躍。容貌の美しさから、当時、国民的アイドルだったピンク・レディーにあやかり“漫才界のピンク・レディー”と称されていました。

 その後、けいこ氏の結婚・出産などにより、コンビとしての活動は少なくなり、やすこ氏は単独でTBS系ドラマ『スチュワーデス物語』に出演するなど、女優としての活動も始めます。1990年に実業家の一般男性と結婚し、一男一女の母親とあり、近年は美容番組の司会やドラマ、舞台などに出演しています。

 やすこ氏の講演テーマは、「今、PTAに求められていること」「後悔しないお受験」「笑いの心得で子育てを」など。特に、長女の幼稚園時代から現在に至るまでPTA役員を務めている経験から、PTAの重要性について語ることが多いようです。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 近年は、子供が被害者となる犯罪が多発しています。こういう社会状況だからこそ、PTAの果たす役割が、より重要性を帯びてきているというやすこ氏。

 やすこ氏は、講演、フォーラム、セミナー、トークショーで、子供を守り育てるためには、父兄と学校、地域が一帯となって取り組まなければならないことを強調。それには、PTA役員ではないすべての人が参加できるPTAを目指すべきとしています。女性の社会進出により母親のPTA活動参加が困難ってきている状況を踏まえながら、新しいPTAの仕組みづくりの必要性についても話してくれます。

 

メディア

TV

MBS
「新・いのちの現場から」訪問看護士 田辺聡子役(2006)
NHK
「新・ズッコケ三人組」「かるたクイーン」「新・はんなり菊太郎」
TBS
「スチュワーデス物語」

映画

「火火」
「極道の妻たち」
「ビーバップハイスクール」
「夕ぐれ族」

 

舞台

京唄子特別公演「浪速のれん」長女春枝役(2008.5) そごう劇場「流れ星ひとつ」主演(2008.3)

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー