後藤康淑(ごとうやすよし)

弁護士

【主な講演テーマ】

「グローバル企業のコンプライアンス」

【登録テーマ】
【出身地】 秋田県

講師プロフィール

世界有数の法律事務所であるベーカー&マッケンジーのもとパートナー。日本の上場企業における数少ない、日本の弁護士資格を持つ常務執行役員・チーフコンプライアンスオフィサー(CCO)兼ゼネラルカウンセルとして、汚職の危険が高い国でビジネスを展開する企業にとって、不可欠のanti-corruption complianceのグローバル体制を樹立し、世界有数のレベルまで押し上げ、海外顧客の信頼を確立した実績を有しています。過去27年の経歴はいずれも全て多国籍、多文化のグローバルな組織・企業であり、そのコミュニケーション能力とリーダーシップを生かし、日本の上場企業のグローバル化の促進に大きく寄与しました。過去に経験のある業種は、石油・エンジニアリング (三井海洋開発)、コングロマリット(General Electric)、およびIT (IBM)であり、また、多国籍法律事務所(Baker & McKenzie)のパートナー弁護士として、様々な業種のIP/IT案件、紛争解決、反汚職法(FCPA)の体制確立、M&A、社内調査、労働紛争対応、危機管理、ホワイトカラー犯罪への対処等に従事しました。日本の上場企業の執行役員を経験した数少ない日本の弁護士であり、グローバルに事業を展開する企業のコンプライアンス体制を確立しグローバル化を促進することに貢献することを主な仕事としています。

主な講演テーマ

「グローバル企業のコンプライアンス」

企業のグローバル化にあわせてコンプライアンス体制をどう樹立していけばよいか、実例を交えながらわかりやすく解説します。そもそも違反をゼロにすることは不可能です。コンプライアンスのための資源には限りがあります。その前提にたって、どうすれば傷を最小限に抑えられるか。軽い制裁で済んだケースと重い制裁にいたったケースの違いを念頭に、実務上もっとも有効な優先順位の建て方とは何かを、具体例を用いてわかりやすく解説します。

主な経歴

1982 年 3 月 中央大学法学部法律学科卒業
1991 年 4 月 弁護士登録(東京弁護士会・43 期)東京青山法律事務所(現 東京青山・青木・狛法律事務所)アソシエート
1995 年 5 月 コロンビア・ロースクール 修了 (LL.M.)、ベーカー&マッケンジー ワシントン DC オフィス勤務
1996 年 6 月 東京青山法律事務所に復帰
1998 年 11 月 東京青山法律事務所パートナー
2004 年 4 月 ゼネラル・エレクトリックインターナショナル・インク シニア・カウンセル
2007 年 7 月 日本アイ・ビー・エム ㈱ リーガルカウンセル
2010 年 11 月 日本GE ㈱ アソシエート・ゼネラルカウンセル

主な講演実績

東洋エンジニアリング、他多数。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・周年行事研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー