藤原家康(ふじわらいえやす)

弁護士

【主な講演テーマ】

「いじめや体罰にどう対処するか」
「憲法は改正すべきか—世界の中であるべき日本」
「平和主義は絵空事か—理想と現実のはざまで」
「集団的自衛権は必要か」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1976年1月20日生まれ。

【略 歴】
  1999年 3月  東京大学法学部第一類卒業
  1999年 4月  日本大学通信教育部英文学科学士入学1999年10月  司法試験合格
  2000年 3月  日本大学通信教育部英文学科単位取得
  2000年 4月  最高裁判所司法研修所入所(54期)
  2001年10月  東京弁護士登録(第二東京弁護士会)

【専門分野】
  一般民事・刑事事件・家事事件・行政事件・債務整理、破産事件・企業法務

【役 職】
  社団法人自由人権協会(JCLU)理事・事務局長
  第二東京弁護士会憲法問題検討委員会副委員長
  元日本弁護士連合会憲法委員会事務局次長
  元第二東京弁護士会人権擁護委員会副委員長
  法政大学法科大学院非常勤講師
  大宮法科大学院大学アドバイザリースタッフ

【免許・資格】
  中学校・高等学校教諭免許(英語)、英語検定1級、将棋3段

【趣味・スポーツ】
  ボクシング

 

講演テーマ

「いじめや体罰にどう対処するか」
どうすればいじめや体罰をなくせるか、また、起こってしまったときに関係者はどのように対応すべきかを、いじめ、体罰などの学校事件・事故の弁護の経験にも基づき、ご説明します。

「憲法は改正すべきか—世界の中であるべき日本」
昨今、自民党の憲法改正草案の発表を含め、憲法改正の議論がより盛んになりつつありますが政治、経済などの様々な角度から、憲法改正の是非を検討します。憲法とはそもそも何かについても、改めて考えたいと思います。

「平和主義は絵空事か—理想と現実のはざまで」
平和を否定する人はいないはずです。しかし、それはあくまで理想にすぎないという人もいます。私たちは、あるべき平和をどのように考え、そしてどのように行動すべきなのでしょうか。平和の問題を、本音で、かたよりなく、考えてみたいと思います。

「集団的自衛権は必要か」
・こんなにある、日本の差別
・秘密保護法の問題点
・右傾化する社会—何が原因か
・戦争責任は誰にあるか—第二次大戦の総括

 

メディア情報

T V
TBS


「ひるおび!」「朝ズバッ!」「クイズ!新明解国語辞典」「夫婦問題バラエティ!ラブネプ」

フジテレビ
「お台場政経塾」 他

著 書
「Q&A一般法人法・公益法人法解説」 三省堂 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー