藤田宗一(ふじたそういち)

プロ野球元日本代表

【主な講演テーマ】

「モチベーション維持」
「セカンドキャリア」

【登録テーマ】
【出身地】 京都府

講師プロフィール

長崎県の私立島原中央高等学校を卒業後、社会人野球・西濃運輸硬式野球部に入部。
1996年社会人野球日本選手権大会準優勝、翌年都市対抗野球大会ベスト8入り等に貢献。
1997年のプロ野球ドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから3位で指名されて入団。ルーキーイヤーの1998年4月4日の近鉄戦の8回に初登板。4月11日の西武戦で初セーブ、5月4日の西武戦で初勝利を記録。同年はチーム2位の7セーブを挙げる。1999年は65試合登板でリーグ最多試合登板。以後中継ぎを担うことになる。
2000年に70試合登板で2年連続最多試合登板。最多ホールドのタイトルを獲得。
2001年、オールスターゲーム出場。
2005年、ロッテの勝利の方程式「YFK」の一角として31年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。
2006年、WBC日本代表に選ばれ、優勝メンバーとなる。
2007年、連続リリーフ登板が512試合連続となり、パ・リーグ新記録を達成(初登板から500試合連続リリーフ登板は史上初)
2008年、日本記録となる527試合連続救援登板を達成。
2012年、ベースボール・チャレンジ・リーグの群馬ダイヤモンドペガサスに選手兼任投手コーチ補佐として入団。
2012年9月13日に今シーズン限りでの引退を発表し、同日に行われた福井ミラクルエレファンツ戦を最後に退団。試合後、「ロッテの優勝とWBCが一番の思い出。今年、コーチ経験もさせてもらったし、チャンスがあれば(NPBで)指導者をやりたい」と話した。
2012年、引退後、東京・赤坂に焼きゅう豚「繁」を開店、同店のオーナーに就任。

 

1427420302   1427345974

 

講演テーマ

「モチベーション維持」「セカンドキャリア」などのテーマにした講演会

緊迫した場面で結果を求められる「中継ぎ」で連続救援登板の日本記録を打ち立てるまでに高められた身体とメンタルの双方の強さと、その心身の維持の秘訣をお伝えする。その他、野球教室での技術指導など。

1427420296

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー