藤田紘一郎(ふじたこういちろう)

東京医科歯科大学名誉教授
人間総合科学大学教授

【主な講演テーマ】

「イキイキ長寿健康法 免疫力を高める生活 」 
「世界の水・長寿の水」
「地球温暖化と感染症の拡がり」

【登録テーマ】
【出身地】 中国・旧満州

講師プロフィール

寄生虫博士・カイチュウ博士として知られる医学博士。

1939年、中国・旧満州に生まれる。
東京医科歯科大学医学部を卒業後、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。
医学博士。
テキサス大学留学後、金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て、
2005年4月より人間総合科学大学教授、東京医科歯科大学名誉教授。
専門は感染免疫学、寄生虫学、熱帯医学。NPO自然免疫健康研究会理事長。
1983年に寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞受賞。
2000年にヒトATLウイルス伝搬経路などの研究で、日本文化振興会・社会文化賞及び国際文化栄誉賞を受賞。

 

講演テーマ

「イキイキ長寿健康法 免疫力を高める生活 」 ~アトピーからがんまで~
がんやアレルギー、心の病が最近になって増加したのは、日本人の免疫力が低下したことと無関係ではないと思われる。
その鍵を握っていると思われるのが、腸内細菌。アレルギーやがんに関わる免疫力と自然との共生、長寿社会の生活環境との関連についてのお話です。

 
「世界の水・長寿の水」 ~知られざる水の効能、からだによい水の飲み方~
最近の日本の水道水は安心して飲めなくなっています。ところが、世界の飲料水を調べてみると、「体にいい飲料水」を飲んでいる人たちがいることがわかりました。日本と世界の飲み水を比較しながら「水の健康」についてお話くださいます。


「おおらかな共生」

「きれい社会の落とし穴」
「清潔志向が環境悪化を招く」
「地球温暖化と感染症の拡がり」

著書

『50歳からは炭水化物をやめなさい』(大和書房)
 自身の腹中のサナダムシに“きよみちゃん”と命名し共存していることで知られる、東京医科歯科大学名誉教授の免疫学者・藤田紘一郎氏が、いま流行である糖質制限すべき根拠を明らかにしたのが本書です。
 人間の体は、2つのエンジンで動かされており、50歳未満は、糖質をエネルギーとする「解糖エンジン」がメイン。しかし、50歳を過ぎてからは、酸素をエネルギーとする「ミトコンドリアエンジン」に切り替わるとしています。
  そして、50歳を過ぎ糖質過多の食生活を送っていると、「解糖エンジン」がいまだにメイン稼動してしまい、本来ミトコンドリアエンジンに用いられるべき酸 素が余り、活性酸素に変質してしまうと。その活性酸素は、細胞を傷つけ、ガンや脳疾患などの病気を誘発するとしています。まさに、壮・老年期のあるべき食 生活の根拠を明確にした一冊です。
『笑うカイチュウ』『空飛ぶ寄生虫』(講談社文庫)
『原始人健康学』『水の健康学』(新潮選書)
『清潔はビョーキだ』(朝日文庫)
『ウンココロ』 (実業之日本社)
『子どもの『免疫力』を高める方法』(PHP出版)
『万病を防ぐ『水』の飲み方選び方』(講談社α文庫)
『免疫力をアップする科 学』『水と体の健康学』(ソフトバンク・サイエンスアイ新書)
『脳はバカ、腸はかしこい』『乳酸 菌生活は医者いらず』(三五館)
『腸をダメにする習慣、鍛える習慣』(ワニブックスPLUS新書)
『一生太らない体をつくる腸健康法』(大和書房)
『絶好腸!!』(清流出版)
『遺伝子も腸の言いなり』(三五館)

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー