藤本正樹(ふじもとまさき)

株式会社グローカルアース 代表取締役
一般社団法人一燈 代表理事
株式会社ジェイティービー 公認CASプログラムファシリテーター
一般社団法人日本ゆめ教育協会 認定プロドリームファシリテーター

【主な講演テーマ】

「自分の枠を打ち破れ!
 ~日本の若者に伝えたい世界からの教え~」
「多文化共生社会の実現へ
 ~世界が教えてくれた「違い」を認め合う大切さ~」
「流されない生き方~実現できない夢なんてない~」

【登録テーマ】
【出身地】 埼玉県

講師プロフィール

大学卒業後、スキー選手として国内外で活動。
夏季のトレーニングで訪れたニュージーランドでの経験に心を揺さぶられ、引退後はワーキングホリデーにてオーストラリアに渡る。
語学研修や現地での就労に加え、日本語教師、空手の指導員、日本人会のイベント運営など様々なボランティア活動に携わる。
オーストラリア大陸を周遊後インドネシアに渡り、その後アジア地域を中心に世界を放浪する。
帰国後、教育の世界へ。私立高校教諭、板橋区教育委員会特別支援教育巡回指導員を経て、埼玉県公立中学校の教諭となる。

中学生と社会人が働く目的について語り合う対話型授業「ハタモク中学」や、プロの格闘家を招待しての体験学習授業などが注目され、読売新聞に掲載される。
2013年3月に中学校を退職し、もっと世界を学び自らを深めるため、そして「世界のリアル」を日本の子どもたちに伝え、ともに世界の未来を考えられる教育を実践するため、再び世界一周放浪の旅へ。
旅中は世界各地で活躍する日本人へのインタビューや、日本人学校および現地の学校への取材活動も行う。
世界5大陸縦横断を果たし、100を越える国と地域を訪問。
2015年「ふじもん先生の旅プロジェクト」を立ち上げ、自らの旅の経験とそこから得られたグローバル時代に必要な見識について、日本の子どもたちや若い世代を中心に、出張授業や講演、研修などでフィードバックする活動を始める。
全国の学校や教育系イベントなどで多数登壇。他企業とのコラボプログラムを含めて、登壇数は100を越える。
また「自称日本一熱苦しい男」として、自らの生き様から若い世代にエネルギーを与えたいと願い、これからも旅を続けながら世界を伝え続ける「旅人先生」として活動を続けている。
2017年、社名を「株式会社グローカルアース」に変更し、代表取締役に就任。
最終目標の世界平和を実現すべく、さらに活動の幅を広げている。

 

講演テーマ

「自分の枠を打ち破れ!~日本の若者に伝えたい世界からの教え~」
※幅広い世代を対象とした、グローバルや国際化をテーマとしての教育講演の演題例です。
①自己紹介
~動画を使用して、まずは自分が何者なのかをしっかりとお伝えする。~
②アイスブレイク(本気のジャンケン)
~買っても負けてもあいこでも本気で喜ぶジャンケンをすることで、自分の発する言葉の大切さを伝えるとともに、思い切り声を出すことで場の空気を和らげる。~
③魂の話(ジェスチャーゲーム)
~言葉が通じなくても、世界中の人との意思の疎通は十分に図ることができることを伝える。大切なのは「伝えたい!」と本気で思うことであることと同時に、英語が実際の世界ではどのくらい通じるのか、どのような位置付けなのかも伝える。~
④魂の話(変わる世界と変わらない世界)
~自らの体験を踏まえて、世界には変わらない「愛」があると同時に、しかしAIなどをはじめとして、技術的には圧倒的なスピードで変わっていく世界もあることを話す。~
⑤魂の話(「ジブンガタリ」ワーク)
~隣の人と、自分について語るワークをする。~
⑥魂の話(「ジモトガタリ」ワーク)
~隣の人と、自分が生まれ育った地元について語るワークをする。この2つのワークを通じて、自分自身やその周辺について語ることは意外に難しいことを感じてもらいつつ、グローバルな時代だからこそ、その足元が大切であることを説明する。~
⑦魂の話(日本の世界での評価)
~実際のデータと自らの体験を交えて、日本が世界からどのように見られているかを詳細に伝える。
⑧真の話(スラムとイスラム世界から)
~実際のスラムとイスラム教の世界の写真や動画を見せながら、私たち日本人が持ってしまいがちなイメージと全く異なる世界があることを話す。~
⑨志の話(ホセ・ムヒカ氏のメッセージから)
~元ウルグアイの大統領のホセ・ムヒカ氏の演説動画を見せながら、今ある世界、社会の仕組みへの問題的を投げかける。そして、いかにしてこれからの世界を築いていくかを受講者に投げかけ、まとめとする。

 

「多文化共生社会の実現へ~世界が教えてくれた「違い」を認め合う大切さ~」
※グローバルや国際化に主眼を置いての、子どもたちや保護者に向けての演題例です。
①自己紹介
~動画も使用しながら、まずは自分が何者なのかをしっかりとお伝えする。~
②アイスブレイク
~「ふじもん先生の旅人になろうゲーム」を行い、まずは場をリラックスさせる。それと同時に、想いがあれば世界中を旅することができる、想いがあればどんなことでもできるということを、まずは最初に話しておく。
またそれができるのは、肌の色や言語が違っても人間は何も変わらないということであり、世界中の人は何も変わらないということに触れる。
③そもそも「人権」とは何か
~基本的な知識をまずは説明、確認し、共通認識を作っておく。そしてこの講演の中では、特に様々な人種、民族、宗教、生活習慣を持つ人々との共生について、いわゆる「多文化共生」について人権的な側面から話していくことを伝える。 またここでは、右脳と左脳/個人と全体、という4つの側面から多文化共生を考えていく。 ~
④ ジェスチャーゲームを通じて、世界の人の優しを知る
~言葉もほぼ通じない地域でもジェスチャーなどでコミュニケーションをとってきたことを話し、それができる理由は変わらない人間の愛だと説明する。また現地での動画も交えて、視覚的に話をする。~
⑤簡単ペアワークその1「どちらが優れているか説得ワーク」
~それぞれに与えられたある事象について、自分のものの方がいかに優れているのかを説明する。しかしこのワークに答えはなく、結局はただの「違い」であることに気付いてもらう。そしてそれを認め合うことが大切なのであり、お互いに対立するものではないことを感じてもらう。 また、左脳の理解(言葉での理解)は簡単だが、大切なのは右脳での理解(心での理解)であることを説明する。~
⑥偏見と先入観をなくそう
個人的にもっとも気に入っている国、ミャンマー、スーダン、イランの3つを例に出し、報道のイメージと実際の様子は全く異なることを話す。それを通じて、ニュースや報道だけで判断しないで欲しいことを強調する。
⑦多文化共生社会を破壊するもの
貧困と紛争こそが世界の平和と多文化共生社会を破壊するものであると説明する。また実際の紛争地域での取材の様子や貧困地域での様子の写真や動画を使用することで、よりリアルに事象を伝える。
⑧まずは「個」を高めること
~世界の問題は如何ともし難いほどに大きいが、まずは個人が高い精神性をもつことしかないのではないか?と説明する。だからこそ、1人1人がしっかりと学び、世の中を知り、偏見で世界の人々を見ないよう、正しい心を持つべきであると話す。ポイントは3点、「正しく知ること」「ただの違いだと認識すること」「それを真に認め合うこと」であることを話し、まずは個人がそんな気持ちを持つべきだとしてまとめる。~

「流されない生き方~実現できない夢なんてない~」
※中学生~大学生くらいを想定しての、モチベーションアップのための演題例です。
①自己紹介
~自分の価値観、生きてきた道をしっかり知ってもらうために、映像も用いて長めの時間行う。 講演時間に応じて、アイスブレイクも随時入れていく。 ~
②「夢探し探検ワーク」
~「好きなこと・やりたいこと・欲しいもの」をブレインストーミングで書かせる。その中に書かれていることが「夢の種」であり、それだけで素晴らしいこと、可能性は無限にあることを伝える。
③「思い込みの枠」を取り払おう!
~イスラム教、イスラム圏の話およびインドのスラムの実情を写真や動画を交えながら話し、偏見や先入観に私たちはまみれていることを話す。 自分の「常識」が覆されたのは旅であり、また「常識はさほど常識ではない」というメッセージを伝える。
④動画「Did you know?」
~いかに世界が早いスピードで動いているかを説明する。ICTやAI、VRなどにも触れ、世界の未来なんてだれも分からないことを話す。そしてその上で、だれも分からない世界なのだから、人生は挑戦するしかないことを伝える。~
⑤「人生ラスト新聞」ワーク
~自分が亡くなったとき、どんな風に新聞に取り上げられるか?を、新聞記事にまとめるワークをする。それによって、自らの歩みたい人生を見える化する。~
⑤クロージング
~「ドリームキラー」(夢を壊してしまう人)について話す。子どもであれば、ドリームキラーに注意することを、大人であればドリームキラーにならないように注意してほしいことを伝えて、まとめとする。

 

メディア出演

・インターネットラジオCROSS WAVE SNJU
・ラジオつくば
・FMおたる  ほっとけNIGHT「ドリプラジオ」

 

著書

中学教師が行く『無計画世界紀行』

 

講演実績

≪公立学校≫
横浜市立荏田南小学校 大田区立洗足池小学校 台東区立東泉小学校 八王子市立小宮小学校 東村山市立萩山小学校
埼玉県川越市立高階中学校 山形県立酒井東高等学校 新宿区立西早稲田中学校 板橋区立赤塚第二中学校 横浜市立高田中学校 
埼玉県立富士見西中学校 都立田柄高等学校 東久留米市立大門中学校 福島県立安積黎明高等学校 福島県立新地高等学校 
岐阜県東安町組合立東安中学校 都立高島高等学校 神奈川県立横須賀高等学校 都立田園調布高等学校 小平市立第十三小学校 
愛知県豊明市立栄小学校 埼玉県川越市立東中学校 茨城県境町立境第一中学校 東京都立大山高等学校 東京都板橋区立第一中学校
福岡教育大学付属小倉中学校 広島県立祇園北高等学校 福岡県立講倫館高等学校 横浜市立篠原中学校 東京都立大泉桜高等学校 
福島県立福島東高等学校 墨田区立言問小学校 墨田区立小梅小学校 安城市立安祥中学校 他
≪私立学校≫
ベネッセ石神井公園保育園 初芝富田林中学高等学校 一燈園中学高等学校 那須高原海城中学高等学校 鹿島学園高等学校 郁文館グローバル高等学校
文教大学付属中学校 聖学院中学校 大東文化大学第一高等学校 横浜創英高等学校 東京都市大学等々力中学校 日体桜華高等学校 横浜高校
東京農業大学第三高等学校 同志社中学校 東洋大学付属牛久高等学校 日本大学豊山高等学校 他
≪大学・教職員・保護者その他≫
教育総合イベント「みらいの学校」 アンドー塾 千葉県柏市学童保育ネクスファ 埼玉県川越市福原地区進路講演会 相模原市国際交流協会 
福島県いわき市学童保育ときわ塾 ISI国際学院 ALL九州教育フェスタ 認定NPO法人Peace Field Japan 北区立王子小学校学校保健員会 
関東学院大学 専修大学国際協力サークルSIA研修会 埼玉県ふじみ野市人権講演会 株式会社アルファブライト 創心ゼミ 経営者交流会「元気丸」講演会 
福井県大野市教職員研修会 北区小学校PTA連合会地区別研修会 東京健康科学専門学校 未来市場創造会 空手道場「和」親子講演会
東京工科大学 桜花学園大学 台東区立東泉小学校道徳地区公開講座 他

 

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー