藤原和博(ふじはらかずひろ)


・東京学芸大学客員教授
・NPO子供地球基金顧問
・杉並区立和田中学校・前校長
・元リクルート社フェロー

【主な講演テーマ】

「人を育てモチベーションを向上させるコミュニケーション技術とは」
「つなげよう!学校と地域社会~子どもたちの未来を拓くために」

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1955年東京生まれ。
1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。
東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。
2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。
08年~11年、橋下大阪府知事の特別顧問に。

著書に『人生の教科書[よのなかのルール]』『人生の教科書[人間関係]』(ちくま文庫)など人生の教科書シリーズがあり、「人生の教科書作家」と呼ばれることがある。ビジネス系では『リクルートという奇跡』、情報編集力の本質を和田中での改革ドキュメントとともに解説した『つなげる力』(ともに文春文庫)。教育系では『校長先生になろう!』(ちくま文庫)、『教師を信じろ!』(ぎょうせい)、共著に40万部を超えるベストセラーとなった『16歳の教科 書』(ドラゴン桜公式副読本/講談社)、さらに家族論として長く父 親、母親から評価の高い『父親になるということ』(日経ビジネス人文 庫)がある。

なお、中高生向けには『ビミョーな未来をどう生きるか』、児童生徒の 保護者には学力、いじめ、ケータイとテレビ問題を論じた『新しい道 徳』(いずれも、ちくまプリマー新書)が読みやすい。

近著の、人生後半戦の生き方の教科書『坂の上の坂 55歳までにやっ
ておきたい55のこと』(ポプラ社)は現在12万部を超えるベストセ ラーに。

日本の技術と職人芸の結晶であるブランドを超えた腕時計 「japan」(左竜頭、文字盤漆塗り)を諏訪の時計師とファクト リーアウトレット方式でオリジナル開発。ネットを使えば個人新聞社や 個人放送局だけでなく個人マニュファクチャラー(生産者)も可能にな ることを証明した。

高校時代はバスケット部だったが、弱くてもっぱら強い女子バスケ部の相手をさせられた。いまはテニスに一所懸命。3児の父で3人の出産に立ち会い、うち末娘を自分でとり上げた貴重な経験を持つ。

著書

著書一覧

『坂の上の坂』(ポプラ社)
『不可能を可能にするビジネスの教科書 星野リゾート×和田中学』(筑摩書房)
『さびない生き方』 (大和書房)
『35歳の幸福論 成熟社会を生きる12の戦術』(幻冬舎)
『教師を信じろ!-藤原和博と学校改革に挑んだ12人の怒れる教師たち-』(ぎょうせい)
『はじめて哲学する本』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
『藤原流200字意見文トレーニング―未来を生き抜くための「柔らかアタマ」をつくろう!! 』(光村図書出版)
『35歳の教科書ー今から始める戦略的人生計画』(幻冬舎)
『本当の友だちってどんな友だちだろう 藤原先生の心に響く授業』(朝日新聞出版)
『世界でいちばん受けたい授業―「よのなか」科実践記録」』(筑摩書房)
『藤原先生の心に響く授業 キミが勉強する理由』 (朝日新聞出版)
『誰が学校を変えるのか―公教育の未来』 (筑摩書房)
『つなげる力』(文藝春秋)
『公立校の逆襲』(筑摩書房)
『新しい道徳』 (筑摩書房)
『人生の教科書 〔情報編集力をつける国語〕』(筑摩書房/共著:橋本治、重松清)
『人生の教科書 〔数学脳をつくる〕』(筑摩書房)
『人生の教科書[人間関係]』(筑摩書房)
『校長先生になろう!』 (日経BP)
『「ビミョーな未来」をどう生きるか』(筑摩書房)
『人生の教科書〔家づくり〕』(筑摩書房)
『リクルートという奇跡』(文藝春秋)
『人生の教科書〔よのなかのルール〕』(筑摩書房/共著:宮台真司)
『公教育の未来』(ベネッセコーポレーション)
『味方をふやす技術』(筑摩書房)

他多数

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー