土井紀彦(どいとしひこ)

金銭教育ゲームプロデューサー
ファイナンシャル・プランナー(CFP®認定者)

【主な講演テーマ】

「親子で学ぶ お金の貯め方 使い方 『ホームステイゲーム』でお金の上手な使い方を学ぼう!」
「職業意識の啓発のために」
「おこづかい帳のつけ方」

【登録テーマ】
【出身地】 和歌山県

講師プロフィール

マネーのマナーを学ぶならアラビアン・トシヒコ
(アラブからきた講師から世界のお金の話などを楽しく学ぶシチュエーションです)

■ 略歴・主な活動 ■
2000年  CFP®資格を取得
2003年  1級ファイナンャル技能士認定
2005年  和歌山県金融広報アドバイザーを委嘱(~現在)
2006年  金銭教育実践ゲーム「ホームティゲーム NeedsとWants」をプロデュース

 

講演テーマ

「親子で学ぶ お金の貯め方 使い方 『ホームステイゲーム』でお金の上手な使い方を学ぼう!」
「やってみよう!ゲームでアメリカにホームステイ -親子で学ぶ「必要なもの」と「欲しいもの」の違い-」
「夏休み!金銭教育バス教室」
「お金の事しっと講座 遊んで学ぼうお金の大切さ!!」
「親子で学ぶやさしいマネー教室&日経新聞工場見学会」
「職業意識の啓発のために」
「奈良のおみやげを考えよう!」
「おこづかい帳のつけ方」など

■    ホームステイゲームの内容・概要 ■
① 「欲しいもの」と「必要なもの」は違うということを学びます
② 人によって価値の違いを学びます
③ 日本のお金と外国のお金は違ったものであり、毎日変動していることを学びます
④ 物を売買することを実践し、値段の付け方や交渉術を学びます
⑤ リサイクルによって資源を有効に使うことの大切さを学びます

 

■ 土井紀彦氏からのメッセージ ■
現在の社会で生活するためには欠かせないお金。
大切だとは分かっていながら「お金の話をするのはちょっと気が引ける」と考えている方が多く、そのままお金の大切さを話さず高校生・大学生と進み、卒業後はいきなり厳しい現実の社会に投げ込まれていつの間にかローン破産の道をまっしぐら・・・と、失敗してしまうケースも。また反対にお金を儲ける・増やすだけに興味を持ってしまうと、お金では買えない大切なものを見失ってしまうこともあります。
一般消費者向けセミナーで講師をする傍ら、パーソナルファイナンスを自覚するには子どもの頃からの金銭教育が大切であると実感し、取り組みを始めました。2004年には奈良県の公立中学校の総合学習における「マネー教育講座」を担当し、「奈良へ修学旅行にくる中学生が買いたくなるようなおみやげを、自分たちで企画・立案・製作する」をテーマとして1年間を通じて行い、中学生には「解り辛い、興味を持ち辛い、聞き辛い」お金に関する知識を「奈良のおみやげを考える」というテーマに沿って教えることで、「解り易い、興味を持ち易い、聞き易い」内容へ落とし込むことに大成功。担当したクラスの中学生から「感謝の寄せ書き色紙」をプレゼントされ、一年間の授業の苦労が吹き飛んでしまいました。
金銭教育の第一歩は「お金は信用で成り立っている」ことを伝えること。お金だけでなく世の中は信用で成り立っていることをしっかりと考えるきっかけづくりができるセミナーです。

 

■    主なセミナー・研修先 ■
・和歌山県金融広報委員会・大阪市・和歌山市・芦屋市・伊丹市・川西市・神戸市
・警察本部(兵庫・滋賀・福岡・和歌山)・日本証券業協会・奈良県教育委員会
・奈良県、島根県市町村職員共済組合・大阪ガス・関西電力・日経新聞
・福岡北九州高速道路公社・パソナ・JA共済連和歌山、
・JA共済連奈良・JAバンク信連和歌山・和歌山県内各JA・島根県JAグループ
・JA三重中央会 ・生活協同組合しまね・近畿圏ABCハウジング各住宅展示場多数
・ダイワハウス・甲南女子大学・大手前大学・和歌山県立耐久高等学校
・奈良市立三笠中学校・東大阪市立金岡中学校・加賀市山代小学校・紀の川市立竜門小学校など

 

▼ココがオススメ!

 「お金」というと、みなさんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか? 「経済が絡んでいて難しい」「使い方を誤ると大変なことになる」など、人によっては少しネガティブなイメージを持っていることもあるかもしれません。土井紀彦さんは、そんなお金のネガティブイメージを払拭し、楽しく上手にお金と付き合う方法を伝授しているファイナンシャルプランナーです。  土井さんの講演で特に人気が高いのが「ホームステイゲーム」。これは金銭的感覚を養うプログラムで、物の価値は人それぞれだということや、日本と外国のお金の違い、そして物を売買することで値段の付け方や交渉術を学ぶといった内容になっています。子どもだけでなく、是非大人も一緒になって、親子で楽しみながら理解を深めてほしいと土井さんは言います。  大人にとっては「今さら人に聞けない」、そして子どもにとっては「ちょっと難しそうな未知の領域」であるお金の話。彼ほど明るく楽しく、そして分かりやすくお金の仕組みをレクチャーしてくれる講師はなかなかいません。土井さんの講演は、しっかりした金銭感覚を養う絶好のチャンスとなることでしょう。講師派遣のご依頼、お待ちしております。

 


■    USP ■
金銭教育実践ゲーム「ホームティゲーム NeedsとWants」プロデューサー。
「親子で楽しくつけようマネーセンス。はじまりは家計簿とおこづかい帳」をモットーに、親子が一緒に
 参加して楽しく学べる金銭教育セミナーで、真のパーソナルファイナンスの必要性を訴えている。
「情熱」と「笑い」さらに「緻密さ」も盛り込み、またクイズを交えながら参加者と双方向なセミナーが
 評判。大手老舗ホテル退職後、コンシェルジュ型サービス業としてのFP事務所確立を目指し、子ども向けの金銭教育セミナーを中心に、官公庁や金融機関 主催の一般消費者向けのお金に関する様々なセミナーや職員向けのスキルアップ研修、大学でのFP資格講座、個人の相談業務などに取り組んでいる。

               

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師JA主催向け青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー