嶋聡(しまさとし)

多摩大学客員教授/ソフトバンク(株)前社長室長/東洋大学非常勤講師

【主な講演テーマ】

「孫正義の参謀が見た大風呂敷経営戦略」
「大風呂敷経営進化論・・松下幸之助から孫正義へ」
「孫正義の参謀が語る大風呂敷が地域を変える」

【登録テーマ】
【出身地】 岐阜県海津市

講師プロフィール

松下幸之助に学び、孫正義を支えるという日本で唯一の経験から見い出した「飛躍への経営戦略」を語る。松下政経塾2期生として松下幸之助氏に直接指導を受けたのち、衆議院議員に当選。三期九年の後、ソフトバンク社長室長に就任。二千六年から八年三千日つとめ、「孫正義の参謀」と呼ばれる。現在、ソフトバンク顧問、多摩大学客員教授。

【経歴】
1981年
 名古屋大学経済学部卒業
1986年 (財)松下政経塾修了
松下政経塾指導塾員、東京政経塾代表を経て
1996年
 衆議院議員に当選 以後三期連続当選
2005年
 ソフトバンク(株)社長室長
2008年
 東洋大学経済学部非常勤講師(兼)
2011年
 自然エネルギー財団理事(兼)
2014年
 ソフトバンク(株)顧問、ソフトバンクモバイル特別顧問
2015年
 多摩大学グローバルスタディ学部 客員教授

 

講演テーマ(一例)

「経営戦略論」「リーダーシップ論」

「孫正義の参謀が見た大風呂敷経営戦略」

社長室長として孫正義を補佐した8年間で、ソフトバンクは売り上げ1.1兆円から7兆円と約7倍に飛躍する。ソフトバンクの驚異的な成長の秘訣はどこにあるのか。常人には「大風呂敷」と思われるような目標を掲げる大風呂敷経営。「逆算方式」「ナンバー一戦略」など、創業わずか33年で営業利益1兆円企業に成長したソフトバンクでの経験から企業の「飛躍へ戦略」を語ります。

「大風呂敷経営進化論・・松下幸之助から孫正義へ」

「世界の松下」を築き上げた松下幸之助の「水道哲学」と「250年計画」。三十三年で営業利益一兆円企業とした孫正義の「情報革命で人々を幸せに」と「300年企業」。家族企業からスタートし、大企業を育て上げた二人には実は共通項があった。松下政経塾二期生として、松下幸之助に直接教えを受け、孫正義を社長室長として支える日本で唯一の経験をしなかで見出だした「成功の条件」を語ります。

「孫正義の参謀が語る大風呂敷が地域を変える」

今は大企業となったソフトバンクだが、最初は福岡県福岡市の三人の企業であった。地域に活力をもたらし、日本経済を復活させるのは地域の中小企業が飛躍的に成長することだという信念から、地域経済、地域中小企業の飛躍への戦略を語ります。

 

講演実績

内外情勢調査会、船井総研、タナべ経営各地青年会議所、各地ライオンズクラブ、各地商工会議所

 

メディア出演暦

【テレビ】
 BSスカパー「ニュースZAP」

【ラジオ】
 J-WAVE「MAKE IT 21」

【新 聞】
 日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、北海道新聞 など多数

【雑 誌】
 プレジデント(プレジデント社)、週刊東洋経済(東洋経済)、
 ダイヤモンド(ダイヤモンド社)など多数

【主な著書】
「孫正義の参謀」東洋経済新報社
「大風呂敷経営進化論」PHP研究所
「政治とケータイ」朝日新書

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師オススメ講師ランキングテレビで人気の講師特集
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー