朝岡聡(あさおかさとし)

フリーアナウンサー

【主な講演テーマ】

「趣味は暮らしを豊かにする」
「相手の本音を引き出す話し方・聞き方のコツ」
「人に好かれる6つの法則」
その他、ナショナルイベントをはじめ、各種パーティー、レセプション、表彰式、フォーラム・・・等。
これまで数々の司会やコーディネートを務めており、安定したパフォーマンスは好評を得ています。

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県横浜市

講師プロフィール

1959年横浜生まれ。
慶應義塾大学卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社し、各種スポーツ中継のほか「ニュースステーション」等で活躍。
1995年フリーとなってからは、TBS「筋肉番付」、テレビ東京「スポーツTODAY」「ゴルフスーパーバトル」、BS朝日「キリンワールドサッカー」でも活躍。2005年にはスカイパーフェクトTV「プロ野球キャンプチャンネル」のMCを担当。

テレビ・ラジオ・CM、各種スポーツイベントの司会のほか、クラシックコンサートの企画構成や司会でもコンサート・ソムリエとしてフィールドを広げている。とくに古楽とオペラではユニークな評論が注目を集めており、クラシックの語り部としても幅広く活動中。雑誌「音楽の友」にオペラの連載を行なうほか、演奏歴30年以上のリコーダーではトーク付き演奏会を開くなど熱烈なる音楽愛好家の顔を持つフリーアナウンサー。

講演内容

 フリーアナウンサー・朝岡聡氏は、テレビ朝日の局アナ時代に、人気ニュース番組『ニュースステーション(現・報道ステーション)』の初代スポーツキャスターとして注目されます。

 また、クラシック音楽にも造詣が深く、司会に加え、自ら曲を選びその素晴らしさを分かち合うことのできる知識を有する「コンサート・ソムリエ」として、曲のコーディネートも手がけています。特に、古楽とオペラについては評論も手がけ、雑誌「音楽の友」にオペラの連載を行なっており、そのユニークな視点によるコメントは注目を集めています。

 朝岡氏の講演は、人生を主な内容とします。もちろん、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK。

 話術のプロである朝岡氏は、様々な局面において、最も有効なトーク技術はどのようなものであるかを、講演を通じて指導してくれます。

 特に、古楽から学んだトーク術として、朝岡氏は、「バロック時代の音楽は、音による対話で、独奏は演説である」という言葉を引用し、これはアナウンサーの仕事と同じであると指摘。実況中継もインタビューも司会もナレーションも、視聴者に理解してもらわねばならない。それだけではなく、興味深くて面白い!と感じてもらわなければならないのは18世紀の音楽と同じことと解説。

 また「司会者は、瞬間的なアドリブが要求される。それは即興演奏と同じである」ということを朝岡氏は講演、フォーラム、セミナー、トークショーでかたり、様々な局面で応用できるコミュニケーション法を授けてくれるのです。

 さらに、アナウンサー志望の人には「しゃべる練習をするよりも、世の中の様々な物事に興味を持って日々をおくるべき」としています。司会者は、いろいろなことをしゃべらなければならず、新聞や雑誌、本などを読んで、自分で考え、いろいろな言葉を自分の引き出しのなかにしまっておくことが大切であると示してくれます。

朝岡聡氏の講演テーマ

「趣味は暮らしを豊かにする」
「相手の本音を引き出す話し方・聞き方のコツ」
「人に好かれる6つの法則」

その他、ナショナルイベントをはじめ、各種パーティー、レセプション、表彰式、フォーラム・・・等。
これまで数々の司会やコーディネートを務めており、安定したパフォーマンスは好評を得ています。

活動実績

TV
ラジオ
ナレーション
コンサート司会
音楽番組出演
音楽執筆

著書

『笛の楽園 僕のリコーダー人生』

 リコーダーという最も馴染みやすい楽器の魅力を、著者の思い入れだけでなく、数々のリコーダーの名器を紹介するなど、多面的なアプローチで伝えています。
 特に、バロック音楽ファンには魅力的な解説が盛り込まれ、いわゆる音楽の専門家ではない、アナウンサーとして視点や、一ファンとしての「リコーダー哲学」が述べられており、読み物としても大いに楽しめる一冊です。
 読後に、思わずリコーダーを吹いてみたくなる気持ちにさせてくれます。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー