朝原宣治(あさはらのぶはる)

・大阪ガス株式会社所属
・NOBY T&F CLUB主宰
・一般社団法人アスリートネットワーク副理事長

【主な講演テーマ】

「夢を追いかけて~諦めなければ夢は叶う~」
「二人三脚でつかんだ栄光のメダル」
「トップアスリートの肉体マネジメント」

【登録テーマ】
【出身地】 兵庫県

講師プロフィール

1972年6月21日生まれ 兵庫県出身。
中学校時代はハンドボールレギュラーで全国大会出場を果たす。
高校時代から本格的に陸上競技に取り組み、走り幅跳びでインターハイ優勝。
同志社大学在籍中の1993年10月に行われた国体の100mにおいて、当時の日本記録である10秒19をマークして優勝し、アジア人離れした加速力を持つ事から「和製カール・ルイス」と呼ばれた。
大学卒業後、大阪ガス株式会社に入社。
初出場の1996年アトランタオリンピックの100mで準決勝に28年ぶりに進出。自身4度目となる2008年北京オリンピックの4×100mリレーでは、悲願の銅メダルを獲得。
36歳になった2008年9月に引退を表明し現役生活にピリオドをうち、2010年には次世代育成を目的として陸上競技クラブ「NOBY T&F CLUB」を設立。これは大阪ガスグループの地域貢献活動の一環でもあり、引退後も自身のキャリアを社会に生かそうと精力的にチャレンジを続けている。

妻は大学の同窓生で、元シンクロナイズドスイミング選手、1992年バルセロナオリンピックのソロ・デュエットの銅メダリスト奥野史子。現在は3人の子供の父親でもある。

 

講演テーマ

「夢を追いかけて~諦めなければ夢は叶う~」
北京オリンピック銅メダル獲得の舞台裏、引退後の心境など、幼年時代からの陸上競技人生を交えながら、諦めなければ夢は叶うというメッセージを熱くお伝えします。

「二人三脚でつかんだ栄光のメダル」
妻・奥野史子氏はバルセロナオリンピックで銅メダル2個、朝原氏は北京で銅メダルを獲得。夫婦の念願だったメダル獲得までの軌跡を語ります。

「トップアスリートの肉体マネジメント」
やみくもに筋トレに励んでもパフォーマンスは上がりません。日本人である朝原氏が36歳にして世界の黒人選手を退け、メダルを獲得する事ができたのは、独自の肉体マネジメントがあったからこそ。自己管理能力や衰えない肉体の作り方をお伝えします。

 

講演内容

 2008年オリンピック北京大会において、男子4x100mリレーの銅メダルに輝いた朝原宣治氏は、現在、NOBY TRACK & FIELD CLUBを主宰し、一般社団法人アスリートネットワーク副理事長として、後進の指導にあたっています。

 北京大会での銅メダル獲得は、日本男子トラック種目では史上初の快挙であり、バトンパスのタイミングに、他国の選手には真似のできない工夫を施したことが奏功したとされていますが、アンカーの朝原氏の活躍がメダル獲得に貢献したことは言うまでもありません。

 現代の100メートル競走の主役は、ネグロイド系選手たちが占めているなかで、朝原氏はその体格と加速力をもってたびたび決勝戦に迫る成績を挙げており、後に続く日本人選手たちへの大きな励みとなりました。

 そんな朝原氏の講演は、モチベーション、人生、夢の実現、スポーツ、オリンピック、メダリスト、陸上競技などを主な内容とし、「夢を追いかけて~諦めなければ夢は叶う~」「二人三脚でつかんだ栄光のメダル」「トップアスリートの肉体マネジメント」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!

 朝原氏は、その特異な身体能力の根拠を知るため、引退後に自身の筋肉を検査したところ、ネグロイド系選手たち多く見られる短距離走に最適な筋肉を構成することに優れた遺伝子が多く存在していることが判明。

 また、短距離走選手でありながら36歳まで現役を続けられた理由に、年齢を重ねても筋力が衰えにくい遺伝子も含まれており、まさに日本短距離界を代表する理想的なアスリートとして評価されました。

 燃え尽きるとモチベーションがなくなり、楽しすぎると強くなろうという意欲がなくなるため、そのバランス感覚の維持が重要であるという朝原氏。そして、アスリートを長く続ける上では、体の衰えに逆らうのではなくて、それを受け止め練習方法を変えていくことが大事であるとも。

 講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、朝原氏の言葉とこれまでの歩みから、どうすれば記録を伸ばせるのか、その答えは自分のなかにあり、それを自分で見つけ出すことが何よりも重要であることを知るのです。

著書

『朝原宣治のだれでも足が速くなる』

 2008年オ北京オリンピックで、男子400mリレーで銅メダルに輝いた朝原宣治氏による、走り方の指南書。
「かけっこは、素質じゃない」という朝原氏。それには、①タイミングをつかむこと、②からだの力を抜くこと、③ボールが弾むように走ること、④スタートでは1歩1歩を踏みしめること、⑤母指球で着地すること、⑥からだを1本の軸にすること、⑦2本のライン上に足を着くこと、⑧加速の走りでは足で地面をつかまえること―という、陸上選手なら誰もが心がけている8つの極意を上げ、かけっこが苦手な人も、その悩みが解消できる初心者向けのノウハウが満載です。

『肉体マネジメント』
『こうすればかけっこが速くなる』

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー