荒井弥栄(あらいやえ)

英語講師・接客業マインド育成講師・国際人育成講師
元JAL国際線CA
ベストセラー「ファーストクラスの英会話シリーズ」 著者
Office Grace 代表
株式会社アマーイズパートナー研修講師

【主な講演テーマ】

「世界が舞台の日本人たちへ~オンリーワンの〝おもてなし”を届ける、とっておきの心得」
「逆輸入の“自己表現力”~英語から学ぶ自分の気持ちをきちんと伝える方法」 など

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1967年3月5日生まれ、東京都出身。

1964年東京オリンピックで通訳を務めた母親の影響で、幼少の頃から英語に興味を持つ。
大学在学中に日本航空国際線CAの採用試験に合格。これが国際人としてのデビューとなる。
10年以上ものフライト経験の中で「英語」を通じて様々な国の文化・人に触れ、
コミュニケーション力やプレゼンテーション力を身に付ける。

その後務めた英語講師時代、かねてから得意であった執筆が「週刊朝日」副編集長の目に留まり、
創刊以来初の素人女性コラム「Yaeのビューティフル英語脳」がスタート。
内容や文章力が注目され、最初の書籍「ファーストクラスの英会話」を出版。
2014年現在、実用書としては異例の4刷24,000部を出版、現在も増刷が継続。
「あくまでも日本文化を大切にしたファーストクラスの英語」をモットーに指導するレッスンは、
高い語学力を要求される医療従事者や会社経営者・社内公用語企業役員クラスが多く、口コミだけで生徒枠は常に満席。
講演では「世界が舞台の日本人に贈る、おもてなしや気配りを表現するメソッド」が
高い評価を受け、医学界最大の学会と言われる「日本医学放射線学会総会」でも講演。
また華々しい経歴の陰には、自身の生き方・思考を大きく変える困難な経験があり
「心のスィッチの押し方にちょっと気づくだけで、人生は大きく変わる」ことも講演で伝え、
聴講者への気づきやエールとなっている。
第一線で活躍する忙しいスケジュールの合間をぬって、週末には東日本大震災で犠牲となっている
福島県の動物愛護ボランティア活動にも熱心に取り組む深い優しさを持つ一面もあり、
その生き方も「ファーストクラスである」と評価されている。

講演テーマ

「世界が舞台の日本人たちへ~オンリーワンの〝おもてなし”を届ける、とっておきの心得」    


言葉が話せても、その表情・動作やしぐさ、表現方法などが誤っていれば「おもてなし」の心は伝わりません。
私たち日本人と外国人では言葉の遣い方、習慣・文化の違いで、相手とのコミュニケーションが大きく異なります。
曖昧な表現、しぐさや行動は、日本では
「控え目、謙虚」と受け取られても、外国人には「はっきりしない、よくわからない」
などの印象を与えてしまいます。
せっかく教わっている私たち日本人ならではの「おもてなし」の心を、
個々に持つ「オンリーワンの強み」を活かしてきちんと伝えていきませんか?
国際人として大切な“察する心”を育てるために、私が長年経験し、
活用している様々なコミュニケーション、交渉、プレゼンのためのとっておきのツボをお伝えします。
外国人の方への接し方だけではなく、日頃のビジネスシーンでも十分活かして頂けると評判の講演です。

 

「逆輸入の“自己表現力”~英語から学ぶ自分の気持ちをきちんと伝える方法」

私たち日本人は、「曖昧」や「程ほど」なしぐさや会話が、「謙虚」「控え目」という、好印象をもたれることが多いですが、
それは逆に言えばご自身の感情をきちんと表現できないことにも関連します。
外国人は、「Yes」「No」をきちんと伝える会話が必要で、
更にその理由も明確にしなくては相手との共感が得られないことがあります。
英語から、「自分の気持ちや考えをしっかり伝える」思考を身に付け、今、ビジネスでも日常生活でも
テーマとなっている「アサ―ション」をキーワードに、「言いたいことが言えない」「相手を選んで自己主張してしまう」
などの心のブレーキを外せる方法をお伝えします。

 

「心の目で観た、わたしが伝えたいファーストクラスの生き方とは」

「とても素晴らしい活躍をされていますね」と、今では出逢う方に嬉しい言葉を頂く私ですが、
ここに至るまでには大変な困難な時期を経験しました。
実はかつての私はJALというトップクラスのホスピタリティサービスを提供する
守られた環境で、もっとのんびりぬくぬくとしていました。
しかし、ある辛く困難な経験をすることによって
「人は心にスィッチが入ると、どんなことでも乗り越えられるものなのだ」と深く体感しました。
私が乗り越えられたのだから、きっと今、現実に悩む方々にもできると思います。
苦しい時期は、負のスパイラルに陥りもがいてしまいがちですが、
物の見方や捉え方をほんの少し変えるだけで、ガラっと世界が変わる。
これが、私が経験して今に至った経緯です。
本当の「ファーストクラスの生き方」とは、「自分を信じてほんの少しでも1歩を踏み出す」こと。
そんなわたしが経験したことを、今、現実に向き合って頑張っていらっしゃる皆様へ、
ほんの少しでも気づきやエールになれば、とてもうれしいです。

※もちろん、この他、
「英語で身に付ける交渉術」や「海外でのマナー」
「デキるビジネスパーソンになる為に」など、個別のテーマでも可能です。

 

▼ココがオススメ!

英語講師・接客業マインド育成講師・国際人育成講師として活躍している荒井弥栄氏は、 日本航空(JAL)の国際線キャビンアテンダントを経て、その語学力を生かして英語講師の道へ進出。キャビンアテンダントならではの美しい日本語と洗練された英語を駆使したコミュニケーション術を指導してくれます。  現在、英会話教室「PFアカデミー」の講師・取締役として活躍するも、その指導法はまさにそれまでのキャリアに裏打ちされた国際舞台で通用するもので、主にビジネスパーソンが受講する実践英語術です。  
そんな荒井氏の講演は、モチベーション、人生、経験、自己実現、ビジネス、コミュニケーション、ビジネス研修などの内容に及び、「世界が舞台の日本人たちへ〜オンリーワンの�おもてなし”を届ける、とっておきの心得」「逆輸入の“自己表現力”〜英語から学ぶ自分の気持ちをきちんと伝える方法」 などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナーでの開催もOK!  週刊誌誌上で活躍するコラムニストでもあるため、その語学力レベルは、普通の文章も面白く書けるプロの英語指導者として評価が高く、講演、フォーラム、セミナーを訪れた人は、海外留学をする必要もないままに、生きた英語を身につけることができるのです。

 

経歴

1988年    大学在学中に日本航空客室乗務員採用試験に合格、入社

2007年    日本航空を退職後、語学留学等の後、大学受験塾で英語講師としての道を選択。1年目にして売上1位の講師になる

2009年
週刊朝日のコラム「「Yaeのビューティフル英語脳」スタート。
創刊以来初の素人女性コラムとして注目され、1P全面で異例の約1年半に渡り連載コラムを執筆。
文章力が祥伝社黄金文庫編集長の目に留まり、初の著書「ビジネスで信頼されるファーストクラスの英会話」を出版。

2010年以降
4月英語スクール「株式会社PFアカデミー」取締役就任

また、自身でも主に医療従事者や企業役員クラスを中心としたレッスンを行う
書籍「ファーストクラスの英会話」シリーズはアマゾンや楽天ブックスでも部門別売上でトップ3にランキング。
TOEIC運営財団でのウェブコラム「荒井弥栄のTopflight Global Person」は総合コンテンツで毎回連続1位になるなど活躍。

著書

「ビジネスで信頼されるファーストクラスの英会話」(祥伝社黄金文庫)
「ファーストクラスの英会話 [電話・メール・接待・交渉編]」(祥伝社黄金文庫)
「元国際線キャビンアテンダントが教える世界に通じるきれいな英会話」(中経出版)
「日本人が知らないシンプル英会話」(大和文庫)

メディア出演・講演実績など

<メディア出演>

・マイナビニュース
・報知新聞
・日経Bizアカデミー 語学達人への道
・AERA ENGLISH  美しい英語の達人
・English Journal  
・一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会様配信
 ウェブコラム「荒井弥栄のTopflight Global Person」
・フジテレビ「みみたこ」   他多数
・テレビ朝日「キス濱」   他多数

<講演実績>

・日本医学放射線学会総会
・日本ロータリークラブ
・ライオンズクラブ
・ANAインターコンチネンタルホテル
・大手国内航空会社
・国内大手外資系ホテル
・国内外資系化粧品会社
・国内保険協会      他多数

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー