青木豊彦(あおきとよひこ)

株式会社アオキ 代表取締役
東大阪市 モノづくり親善大使

【主な講演テーマ】

「中小企業モノづくりの活性化~あつい心意気こそ人をうごかす~」
「夢の実現…中小企業の空への挑戦」
「技術を世界に~関西からモノづくりの再生を~」

【登録テーマ】
【出身地】 大阪府

講師プロフィール

 青木豊彦中小企業が当初、約8,000社集まるモノづくりの町、東大阪で「メイド・イン・東大阪」の人工衛星を打ち上げようと、計画をスタートさせた中心者。2002年7月に設立された「東大阪宇宙関連開発研究会」(東大阪商工会議所)会長。12月には、研究会メンバーのうち5社と共に「東大阪宇宙開発協同組合」を設立、理事長に就任。
 小学校の時に目にしたロケット打上げのニュース映画や、大阪万博で見た「月の石」を通して出会った“航空宇宙”を我が町の活性化のテコとする。
 もともとチャレンジ精神旺盛で、農業用機械の部品製造が主だった父の会社で新分野開拓に努め、ロボット部品や航空機部品への進出を果たした。

 「モノづくりにはプライドを持たなければならない」との思いは、同社を世界的航空機メーカーであるボーイング社の認定工場に押し上げた。
 航空宇宙産業を東大阪の地場産業にしたいというのが夢。「若者がモノづくりに魅力を感じて集まってくる大阪を、世界の楽市・楽座にしたい」と期待する。

 

講演テーマ

「中小企業モノづくりの活性化~あつい心意気こそ人をうごかす~」
「夢の実現…中小企業の空への挑戦」
「技術を世界に~関西からモノづくりの再生を~」

 

経歴

1945年   大阪府生まれ
         高校卒業後 父が経営する青木鉄工所に入社 
1979年    社名青木鉄工株式会社と変更し、専務取締役に就任      
1995年    社名を株式会社アオキと変更し、二代目社長に就任
         大阪府海外交流研究会 会長に就任  
1997年    米ボーイング社の認定工場となる
2002年7月  東大阪宇宙関連開発研究会が設立 会長に就任 
2002年12月 東大阪宇宙開発協同組合を設立 理事長に就任     
2005年2月  東大阪宇宙開発協同組合 理事長退任
2005年4月  東大阪市モノづくり親善大使を拝命
2008年5月  有限責任事業組合航空宇宙開発まいど(LLPまいど)設立 会長就任
2008年6月  ベストファーザーin関西・ものづくり部門受賞
2009年1月  種子島宇宙センターより国産ロケットH-ⅡAで人工衛星
          「まいど1号」の打上げに成功
2009年11月 涙と笑いの奮闘記「まいど!」本を出版
2010年5月  電気学会より電気学術振興賞・進歩賞受賞 
2012年2月  無人機(VTOL)シンガポールエアーショーに出展 
2012年5月  四條畷市観光大使を拝命

 

著書

『まいど! ~宇宙を呼びよせた町工場のおっちゃんの物語』(2009年、近代セールス社)
 人工衛星『まいど1号』打ち上げで知られる株式会社アオキ代表取締役青木豊彦氏の、中小企業のものづくりの心と、若年層従業員確保に奔走する姿が描かれています。
 東大阪には、日本のモノづくりを象徴するオンリーワンの技術を持った中小企業が多く存在していますが、不況の波に飲まれ苦しい経営を余儀なくされ、さらに若い世代が就業しない現状を打開するために、中小企業による人工衛星打ち上げプロジェクトを立ち上げる青木氏。
 そして、打ち上げに成功し、中小企業の持つポテンシャルの高さを証明。若者に大きな夢を与えることになり人材確保に成功します。ジリ貧に陥る前に、何か新しいことを始める必要がありますが、それはまったく新しいことである必要はなく、現在の技術を応用することが理想であるという青木氏。中小企業生き残りのための発想に溢れた一冊です。

講師のことをもっと詳しく知るために

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー