青木ポール紀和(あおきぽーるのりかず)

LUSHジャパン スパ施術者研修トレーナー

【主な講演テーマ】

『腰痛・首/肩こりを改善する体の使い方』
『オフィスワーカーのための体の使い方』
『ラクで美しい姿勢と日常所作』

【登録テーマ】
【出身地】 東京都

講師プロフィール

1973年東京生まれ。University of California, Santa Barbara卒。トヨタ自動車のマーケティング関連部署で10年勤務。その後、アレクサンダー・テクニーク教師資格取得。恵比寿にスタジオ「身技レッスン」を持ち、年間300人以上に姿勢・動作を直接指導。音楽家や音楽指導者、歌手・ボイストレーナー、ダンサー、俳優、講師といったプロの人をはじめ、ビジネスマン、主婦、学生、様々な人の問題改善に貢献。名古屋と大阪でも定期的にレッスンを行なっている。LUSHジャパンのスパ施術者研修トレーナー。ピラティススタジオでも定期的に指導。
アレクサンダー・テクニークを効率的に学ぶための独自アプローチを開発し、2015年にはアイルランドで行われたアレクサンダーテクニークコングレスで日本からは唯一人ワークショップを実施。英語ブログも立ち上げ、海外のfacebookグループへ多く投稿するなど、国内だけでなく海外の指導者達にも独自のアプローチを伝える活動も行う。
2014年に著した書籍「心と体の不調を解消するアレクサンダー・テクニーク入門」(日本実業出版社)は、発売以来増刷を重ねて1万部を超え、アレクサンダーテクニーク関連書籍では人気書籍となっている。

 

講演テーマ

『腰痛・首/肩こりを改善する体の使い方』
肩こり・腰痛・首の痛みといった体の慢性的なこりや痛みといった問題の原因には、体の使い方が関係しています。多くの人が、余計な力・筋収縮を加えて自らに負担をかけてしまう体の使い方を知らずに癖としてしまっているために、こうした問題が生じています。アレクサンダー・テクニークという100年前からある効率的な体の使い方のメソッドで、余計な力を抜き、こうした問題を改善させていけます。
一般的な姿勢や動作指導の中には、無理があったり、逆効果だったりするものもあります。もっとラクに、かつきれいで自然な姿勢や動作の仕方を実現するためのコツを伝えていきます。
・「背すじを伸ばす」では楽できれいな姿勢は作れない
・「腹に力を入れる」と腰痛や首こりを悪化させる
・「速く歩く」ことの弊害
・「ため息」はするべき!? 多くの人が息をため過ぎている
・腕をぶら下げて使えている人は非常に少ない
・体の中にある「秘密の杖」の使い方
・自分の体はけっこう乱暴に扱っている
・自分でできるエクササイズ紹介

『オフィスワーカーのための体の使い方』
デスクワーク時の座り方やパソコン入力の仕方次第で、腰痛や首こり、肩こりになります。姿勢をよくしようとして、逆に体を固めてしまい、問題を悪化させている人もいます。デスクワーク時に、最も負担を減らす体の使い方を伝えていきます。痛みやこりの軽減は、同時にモチベーション向上につながり、仕事の生産性アップにつながります。また、オフィスワーカーのプレゼン力向上のための体の使い方も伝えます。人前でアガってしまう、緊張して声が上ずったり、早口になってしまう、といった問題を改善し、プレッシャーに動じなくなることで信頼・信用を得やすくなるでしょう。
・「机の前での座り方」徹底解剖
・そのキー入力は早過ぎる!?
・目の疲れはモニターの見方次第
・カバンは頭で支える!?
・「声は腹から出す」は間違い
・存在感を高める秘策は「図々しさ」!?
・未開発な気づきの能力を磨く     等

『ラクで美しい姿勢と日常所作』
「胸を張って、肩を開いて」のような形だけを修正する姿勢形成では、形はきれいでも維持するのが大変で、逆に首や背中、肩がこってしまうかもしれません。最も筋収縮の少ない体の使い方を目指せば、形もきれいな上でその状態をラクに維持できるようになります。日常の所作も綺麗で上品なものになります。そして、肩こりや腰痛といった痛みやこりを改善できるようになります。筋収縮を減らすにあたっては、「体の支え方」と「呼吸」に注目します。自分がラクでいる状態を正しく知ることで、どのような状況でもそれを再現できるようになるでしょう。
・「ラクで美しい姿勢」に呼吸が関係する
・頭の支え方の注意が「凛」とした雰囲気を醸し出す
・歩く姿の美しさは膝の使い方次第
・動作速度を下げて上品さを演出する
・「腹に力を入れる」と動きは硬くなってしまう
・美しい所作の基本は「腕をぶら下げて使う」こと
・自分の呼吸がラクでなければ、周りの人の居心地はよくならない  等

主な講演実績

・2014年 1月 昭和女子大学オープンカレッジ 特別講座 講演
「もう一度見直そう。美しさと健康は姿勢と動作から -アレクサンダー・テクニークで学ぶ効果的な体の使い方-」

・2015年 8月 10th International Alexander Technique Congress(アイルランドで開催) 講演
「Advantageous Way to Use the Body: Demonstration of a New Approach(有利な体の支え方:新しいアプローチの紹介)」

・2016年 11月 医道の日本社主催セミナー 講演
「アレクサンダー・テクニークを体験しよう」

・2016年 11月 BMS-r-Lab主催ピラティスワールド2016 特別講座 講演
「アレクサンダー・テクニークと呼吸」

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー