講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

渡邉英理奈
(わたなべえりな)

業務効率化コンサルタント/株式会社LIFRADE 代表取締役

2009年東北大学文学部卒業。同年第一希望だったトヨタ自動車(株)入社。入社式では1000人の新入社員の代表に選出される。最初の配属では人事部門の人材育成業務を担当。海外事業体の外国人従業員にトヨタ独自の仕事の仕方(問題解決、業務効率化、段取り、資料作成など)を教えるため、2ヶ月に1度は海外出張をし、世界中で研修を実施。また、研修だけでなく、職場での人材育成が進むような仕組みづくりも行い、人材育成体系全体の整備を行ってきた。2011年にはトヨタの長い歴史の中で概念として受け継がれてきた「自工程完結」のメソッドをホワイトカラー従業員向けに体系化。ステップにまとめ、社内用テキストを執筆。それをもとに研修を設計し、全世界のホワイトカラー従業員が必修の研修を立ち上げた。2014年レクサス企画部へ異動し、レクサスのISとLCの商品企画の主担当。コンセプト企画からマーケティングまで全てを担当。2017年より独立し、株式会社LIFRADEを設立。現職。

主な講演テーマ

「AIやITがないと生産性は上げられないと思っていませんか?トヨタで実践している予算0円からできる効率化」
生産性向上はしたいが、お金はかけられない中小企業や、大企業であっても部内で予算を増やせない職場がどうすれば生産性を上げられるか。トヨタでは安易にお金を使わずに、知恵と工夫と、トヨタならではの方法で効率化を実現しています。その方法についてお話します。

 

「なぜトヨタは常に成果を出し続けられるのか?~トヨタの世界一の人材育成~」
トヨタの強みは人材にあります。転職市場でも元トヨタ社員の人気が高いのは、人材の質が高いことを多くの企業がよく知っているからです。では、どうやって高い人材を集めているのか。それは、集めているのではなく、育てているのです。新入社員は約半年の研修を受けてから職場に配属されます。配属されてからも約3年後とに全員必修の厳しい研修があります。さらに、職場でも上司や先輩から常に指導され、教え教えられる風土が整っています。実際のトヨタの人事制度や人材育成体系、社内環境を例に挙げ、強い人材を育てるための方法をお話します。

 

「何度注意しても同じミスがなくならない!ミスができないようにするトヨタの仕組み化とは?」
注意してもミスがなくならないのは当たり前です。心がけるだけでは、いつでもミスが起こり得ます。トヨタでは、ミスが起こるのはミスをした人が悪いのではなく、ミスが起こってしまう状態が悪いと考えます。そして、そういったミスをなくすには仕組みが必要です。ミスをしたくてもできない仕組みを作るにはどうすればいいか?トヨタの事例も交えながらお話します。

主な講演実績

トヨタ社内研修5年 、毎月中小企業やベンチャー企業、一部上場企業の社員向けにセミナー実施
NPO法人での講演 、ほか多数。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので別途お問合せ下さい。

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。