講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

皆川一
(みながわはじめ)

経営コンサルタント機関である日本教育文化研究所にて主席研究員を務め、主に一部上場企業が開催する経営セミナーで、講師を務める。逆境から復活した生き方に多くの受講者が感銘を受け講演内容の話題性、信頼性の高さから、10年間でセミナーの受講社数は全国で6,500社を超える。

(株)プロタイムズ総合研究所 取締役会長

主な講演テーマ

【人生論/哲学】

「男はつらいよ・・・失敗から学んだ「七転び一起き」」
「究極の泣き笑いの法則「最後に泣いたのはいつですか?」」
「渥美清さんから学んだビジネス学」
「寅さん(渥美清氏)流、人生(ビジネス)という旅を生き抜く考え方」
「寅さん(渥美清氏)が教えてくれた男の生き方とは?」
「自殺未遂者が語る、夢と喜怒哀楽の大切さ」

 

【経営者の方々向け】

「リフォーム営業は、「自力本願メソッド」で必ず10倍売れる法則」
「寄せ集めチームが前代未聞の連続成約268日を達成した理由」
「叱られても5分話せば重要顧客。対面営業術会得研修」
「10倍売れる、セールスレディーの育て方」
「実践!10倍売れる営業術、スキルアップ研修」(リフォーム会社主催)
「結果が出せる、売上が伸びる、経営者のジャンケンポン」
「人生は「七転び一起き」、僕が勝つまでジャンケンポン」

 

※テーマに沿った講演が可能ですのでお問い合わせ下さい。

ココがオススメ!

皆川一氏ほど、逆境を跳ね除け、未経験のジャンルに進出し、そこで輝かしい実績を残してきた経営コンサルタントは、非常に貴重な存在であるといえます。

松竹の国民的映画「男はつらい」よシリーズの車寅次郎役で知られる俳優・渥美清氏の付き人になったことをきっかけに、芸能の世界で裏方として活躍することになります。そして、舞台制作会社を設立するも経営に失敗し、莫大な借金を抱え自殺を試みることに。

しかし、「死んでも何にもならない。犬死で終わるだけ」と諭され、プライド、見栄を全部捨て去ることで立ち直り、その後、塗装業者に営業職として転職。そこでトップセールスマンに輝き、どん底から這い上がることに成功します。

その後、それまでの経験を生かして、経営コンサルタント業界に進出。様々な企業の役員を務めながら、人材育成やビジネスにおける様々な仕組みづくりを指導しています。

そんな皆川氏の講演は、人生、経験、ビジネス、経営論、ビジネス研修を主な内容とし、「人生は『七転び一起き』、僕が勝つまでジャンケンポン」「寄せ集めチームが前代未聞の連続成約268日を達成した理由」「実践!10倍売れる営業術、スキルアップ研修」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナーでの開催もOK!

「行き詰まったら、一度ゼロに戻れ」とする皆川氏。そして、自分の力で生きているのではなく、多くの人に支えられて生かされていると思うことが大事であるとして、講演、フォーラム、セミナーを訪れた人は、「すべては必要必然、無駄はなし」という皆川氏のポジティブな姿勢から、多くの励ましをもらうことが出来るのです。

主な経歴

1972年
15歳で「男はつらいよ」の“寅さん”こと、故渥美清氏に師事、映画・舞台制作の基礎的作法を学ぶ。

1983年
株式会社四季(現 劇団四季)に入社。チケット流通(現チケットぴあ)の開発担当責任者となる。
『CATS』や『オペラ座の怪人』など数多くの劇団四季作品の営業企画の責任者を歴任。

1988年
独立、舞台制作会社、株式会社トレジャ・アイランド創業。しかし6年後に倒産。自殺未遂2回、自己破産など、人生のどん底を経験する。信頼・信用・誇り・自信すべてを失い、建設業界に転身。建築士免許、塗装技能士免許、耐震技術認定者資格を取得。

1994年
株式会社ペイントハウス入社。数多くの新設店及び売上低迷店の再建に関わり、個人売上、支店売上、月間最高受注高で日本一を獲得し注目される。

1998年
経営コンサルタント機関である日本教育文化研究所に転職。主席研究員を務め、主に一部上場企業が開催する経営セミナーで、講師を務める。
逆境から復活した生き方に多くの受講者が感銘を受け講演内容の話題性、信頼性の高さから、10年間でセミナーの受講社数は全国で6,500社を超える。

2011年
株式会社プロタイムズ総合研究所 取締役会長 就任 社員数60名、年商15億

 

寅さんの付き人を経験し、更に壮絶な自身の人生を乗り越えた皆川氏の講演は、「ビジネス」関連に留まらず「人生感」など幅広いテーマで好評を得ています。

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。