講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

加倉井誠
(かくらいまこと)

さいたま市防災アドバイザー

2011年:東日本大震災の支援
2013年:さいたま市防災アドバイザー就任
2013年:埼玉県越谷市、熊谷市の竜巻支援
2013年:伊豆大島の支援
2016年:熊本地震の支援
2017年:彩の国会議(埼玉県)メンバー
2017年:九州北部豪雨の支援

災害支援団体「チーム恵比寿」団長として、自らマイクロバスやトラックを運転して、メンバーとともに被災地支援を続けている。埼玉県やさいたま市の防災関連部署や、防災の専門家、研究者と連絡をとりながら、自治体とボランティアの連携を深め、情報収集を継続し、講演内容にフィードバックしている。

登録テーマ・ジャンル

出身・ゆかり

東京都・埼玉県

主な講演テーマ

「『命の水を届けろ!』熊本県益城町の避難所で見てきたものとは?」
熊本地震で断水した避難所には、700人の被災者が避難。自衛隊の給水車がやってきたものの、給水には長蛇の列。そこで支援ボランティアが全国から水を募り、被災者に配り始めた。一方、ボランティアの活躍が気に入らなかったのか、行政はそれを中止させようとして大混乱。災害時には、このように行政は麻痺し機能しなくなります。その時に備えて、どんな準備をすれば命を守ることができるのか?熊本地震の事例や写真をもとに、都市型災害についてわかりやすく解説します。

 

「マンネリの避難所運営訓練 それで命が守れますか?」避難所の惨状を伝える  
実際の被災地の避難所では、停電、断水のなか、想像を絶するような環境での避難生活が続きます。ワンパターンの避難所運営訓練で、明日の災害に対応できるのでしょうか?各被災地の支援経験から、避難所の実態と、求められる支援物資など具体的な情報をお伝えします。そこから、日常から備えることの大切さを学び、避難所を運営するのは住民自身であると自覚していただきます。

 

 

「『想定外に備える』災害では、想定外のことしか起こらない!」
東日本大震災から、越谷竜巻、熊本地震、九州豪雨などの支援経験から、被災地ではどんなことが起きていたのかを伝えます。また防災専門家、研究者とのネットワークを通じて得た最新の防災知識から、一般市民が「想定外に備えるにはどうすればいいのか?」をわかりやすく解説します。

肩書き

さいたま市防災アドバイザー
彩の国会議(埼玉県)メンバー
防災士
支援団体「チーム恵比寿」団長

主な講演実績

さいたま市避難所運営訓練 講演、他多数。

主な著書

さいたま市情報誌月刊「らうんじ」(防災コラムを毎月連載)
さくらFM「防災番組いつもおそばに」(南阿蘇村の災害現場から出演)

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。