講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp

阿部雅龍
(あべまさたつ)

極地冒険家

秋田県出身。秋田大学在校中から冒険活動を開始。人力での冒険距離20,000km以上。南米自転車縦断(11,000km)、北米大陸ロッキー山脈縦貫トレイル踏破(5,400km)、乾季アマゾン川いかだ下り (2,000km)、カナダ北極圏徒歩(500km)、カナダ北極圏徒歩(750km)、グリーンランド北極圏歩行(1,200km)等々。全て人力単独行。

2019年同じ秋田出身の白瀬矗中尉の足跡を辿る人類初の南極点到達を目指している。その前哨戦として、2018年ノーマルルートによるソロ無補給南極点到達を予定。何極点到達への誓いを立てるために2017年2月から人力車をひきながら日本の一宮68箇所を巡る「リキシャ ジャパントラバース-一宮68箇所人力車参り-」に挑む。

出身・ゆかり

秋田県

主な講演テーマ

「挑戦し続ける精神力」
「次世代へ向けた夢を持つことへの意味」
100年前日本人で初めて南極を目指した白瀬中尉の足跡をたどり、100年前の夢を実現させる。」
その目的を達成させるために様々な冒険活動に取り組み、達成するプロセスを冒険というフィルターを通してご紹介します。

主な経歴

秋田県出身。秋田大学在校中から冒険活動を開始。人力での冒険距離20,000km以上。南米自転車縦断(11,000km)、北米大陸ロッキー山脈縦貫トレイル踏破(5,400km)、乾季アマゾン川いかだ下り (2,000km)、カナダ北極圏徒歩(500km)、カナダ北極圏徒歩(750km)、グリーンランド北極圏歩行(1,200㎞)等々。全て人力単独行。2019年同じ秋田出身の白瀬矗中尉の足跡を辿る人類初の南極点到達を目指している。その前哨戦として、2018年ノーマルルートによるソロ無補給南極点到達を予定。何極点到達への誓いを立てるために2017年2月から人力車をひきながら日本の一宮68箇所を巡る「リキシャ ジャパントラバース-一宮68箇所人力車参り-」に挑む。

 

【主なメディア出演】
新聞 :「朝日新聞」「秋田魁新報 」
雑誌 :「WILDERNESS(ウィルダネス)No.4 エイ出版 」
ラジオ:「ABS秋田放送 ファーストトーク 」
WEB:「浅草経済新聞」「四国新聞」「秋田魁新報」「東東京マガジン」「BOOK STAND」等多数

講演料金目安

別途ご相談ください

相談無料! 非公開の講師も多数。
お問い合わせください!

Speakersでは無料でご相談をお受けしております。
講演依頼を少しでもお考えのみなさま、
まずはお気軽にご相談ください。