冨永愛_top

冨永愛(とみなが あい)

肩書き   : モデル、WFP国連世界食糧計画 オフィシャルサポーター、国際協力NGO ジョイセフ(公益財団法人)アンバサダー
講演テーマ : 教育、育児、夢の実現、美容、女性の活躍
出身・ゆかり: 神奈川県
  冨永愛氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 国際派ファッションモデルとして知られている冨永愛氏が、モデルの道に入ったきっかけは、15歳の時に、実姉が冨永氏を読者モデルに応募したことです。モデルとして、多くの実績を残し、2004年に結婚、2005年に出産を経験。半年間の休業を経て、2006年春夏コレクションで復帰しますが、その美しさは変わることなく、むしろ母親となったことで、大人の女性としての魅力にいっそう磨きがかかったと評価されるようになりました。

 そんな冨永氏の講演のテーマは、「夢は実現させるもの」「自己を肯定することの大切さ」「一児の母として」「自立した女性のライフスタイル」というもの。特に、自立した女性の美しいライフスタイルにあこがれる女性にとっては、冨永氏は理想的な姿にあるといえるでしょう。また、トークショー形式のイベント、セミナーでの講義、フォーラムでの討論もOK!

 冨永氏は講演の中で、「オーラってみんなが持っているもの」として、生きる力や、生き様など、人それぞれで、オーラの出し方は違うとコメントしています。「モデルの舞台であるランウェイを歩いている時の私は、自分の持っているものを最大限に放出している」と、自信にあふれた発言をし、講演の来場者に大きな励みとなりました。

 さらに、モデルという仕事柄、スケジュールが深夜までかかってしまうこともしばしば。シングルマザーであるため、子育てが大きな負担になることもありますが、がんばり過ぎない子育ても大事であるとしています。

 大事なことは、子育ての本質を見失わないこと。子どもの心に何を芽生えさせ自立させることが子育ての目的であり、そのためには、全人格的な教育が求められます。「勉強だけでなく、料理や柔道などもその一環。もちろん、子供が期待通りに育つかはわからないけれども、過剰な期待はしない」と冨永氏。一人の人間を一人前に育てる責任は重いですが、与えるものを与え、その後は自分で歩ませ、成長を見守ることこそが大事であるとしています。

 講演をはじめ、思いやり溢れる内容のトークショー、大きな気付きを与えてくれるセミナー、様々な意見交換をするフォーラムもお薦めです。身長コンプレックスに打ち勝つ為にモデルの仕事を始め、アジアを代表するトップモデルまで上り詰めた冨永愛氏の世界に挑み続けた『冨永愛流の生き方』『子育て論』、また、「ファッションを通じて世界を、環境を変えよう」と社会貢献活動に取り組む中で伝えたいことをお話します。

 

講演タイトル「夢は実現させるもの」

 講演では、身長コンプレックスに打ち勝つためにモデルの仕事を始め、アジアを代表するトップモデルまで上り詰めたその歩みを語ってくれる

講演タイトル「一児の母として」

 世界で活躍するモデルとしての、女性としての、一児の母としての、自立したライフスタイルを示し、女性を中心に多くの支持を得ている。

 

 

オススメポイント

独自の世界観と自立したライフスタイルで多くの支持を集め、世界で活躍を続ける冨永愛氏。女性として、一時の母として、その輝き続ける生き方に注目が集まっています。
ライフスタイル、教育、子育て、社会貢献活動などの講演会に「冨永愛」による講演会、フォーラム、セミナー、トークショーを、スピーカーズがサポートします。

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー