高倉麻子_top

高倉麻子(たかくら あさこ)

肩書き   : (財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ
U-20/U-23女子代表監督
講演テーマ : モチベーション、サッカー、マネジメント
出身・ゆかり : 福島県
  高倉麻子氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 サッカー指導者・解説者の高倉麻子氏は、財団法人日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ、U-16日本女子代表コーチであり、2011年に日本サッカー協会公認S級コーチライセンスを取得。2012年にはU-17女子日本代表監督を務め、アジアサッカー連盟が定める「アジア年間最優秀コーチ(女子の部)」を受賞しています。 福島県の生まれ育ちながらも、中学生時代には東京都リーグのFCジンナンに入部。1983年に15歳で日本代表に初選出されます。 
 読売日本サッカークラブ・ベレーザ(現日テレ・ベレーザ)時代はキャプテンとして活躍。日本代表メンバーにも選出され、1990年には北京アジア大会に出場し銀メダルを獲得します。FIFA女子ワールドカップには1991年と1995年の2大会に出場し、1996年のアトランタオリンピックにも代表選出されています。 
 
 そんな高倉氏の講演内容は、人生、教育、スポーツなどに及びます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!高倉氏は、ベレーザ 時代にキャプテンを務め、監督とチームメイトの間に挟まれた、いわば「中間管理職」のような立場を経験します。そこで、どのような役割を果たせば、チームを活性化させ勝利に導くことができるかを知り、実践的なリーダーシップを身につけ、組織力の生かし方、継続力の重要性などを学んだといいます。 
 講演、フォーラム、セミナー、トークショーでは、サッカーチームに例えて、自分のポジションを考えることを話してくれ、チームに必要な要素とは何か、チーム力をアップさせるコミュニケーションスキル、ピンチが訪れた時に「中間管理職」はどう動くべきか、間に立つ人のあるべきリーダーシップ、何ごとにも「HOW」を意識することが大事であることを示してくれます。 高倉氏の講演、フォーラム、セミナー、トークショーからは、あらゆる職種、職場で役立つ、中間管理職の実践的リーダーシップを知ることができるのです。

講演タイトル

「継続力~続ける先に見えてきたもの」

「『キャプテン』に学ぶ!間に立つ人のリーダーシップ術」

「女性のパワーが組織を元気にする!」

 

 

オススメポイント

日本中を感動の渦に巻き込んだ2011年サッカー女子W杯のなでしこジャパンの優勝。永きに渡り女子サッカーチームの名門・読売(現・日テレ)ベレーザでキャプテンを務め、監督とチームメイトの間を陰で支え名門ベレーザの歴史を築いた大きな立役者、高倉麻子。  監督とチームメートに挟まれ、どのように上下関係をうまくコントロールしたのか。また現在務める、未来のなでしこジャパンコーチの立場からリーダーシップ、組織力、継続力などについて、わかりやすくお話します。一般企業、JA、行政、学校関連等、講演、フォーラム、セミナー、トークショー実績多数!!

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー