パックンマックン_top

パックンマックン(ぱっくんまっくん)

肩書き   : 漫才コンビ、タレント
講演テーマ : 教育、人生、文化
出身・ゆかり: マックン/群馬県、パックン/アメリカ
  パックンマックン氏のプロフィール詳細はこちら

 






 

 

講演内容

 日本人とアメリカ人の漫才コンビであるパックンマックンは、1997年にコンビ結成。日米の文化差異をネタした芸で人気があり、漫才の傍ら、ワイドショーや情報番組において、レポーターやニュース解説なども担当しています。

 パックンことパトリック・ハーラン氏は、アメリカ・コロラド州出身。マックンこと吉田眞氏は、群馬県出身。世界で唯一の日米混成のお笑いコンビとして知られています。

 ハーバード大学比較宗教学部を卒業したパックンは、福井県で英会話学校講師を務めており、“教育者”としての視点も持ち合わせています。

 そして、「日本の高校生は自分をうまく表現する手段を持っていない。教育の中でそういう訓練もされていない」と指摘。それは、なぜという問いかけから始まる授業が多いアメリカに比べ、日本の教育には議論が足りないからであるとも。

 一方、マックンはパックンに対して、日本の漫才師ではポピュラーな芸である“叩くツッコミ”ができないとしています。パックンによれば、アメリカ人は叩かれると自分のテリトリーが侵された気がするためで、以前は、それが原因で解散危機に追い込まれたことがあるというエピソードがあります。

 そんなパックンマックンの講演は、人生、芸能などの内容に及び、特に、英語に関する面白授業なども好評。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOKです。

 和製英語の解説でも、例えば、「アウトドアライフ」は、英語ではホームレスを意味し、ペンションは年金、アパートは「別々」、マンションはプール付き大豪邸、日産車のサニースーパーサルーンは「日当たりの良い飲み屋」など、まさにお笑い芸人であるパックンマックンならではのトークに、講演、フォーラム、セミナー、トークショーの会場内は爆笑の渦に巻き込まれてしまいます。

 

講演タイトル「パックンマックンの笑って覚える英語」 「パックンマックンの勉強は娯楽だ!」 「パックンマックンの笑撃的英語」

 日米の文化差異をネタした芸で人気。ワイドショーや情報番組において、レポーターやニュース解説なども担当している。特に、和製英語の解説は人気ネタで、「アウトドアライフ」はホームレス、ペンションは年金、アパートは「別々」、マンションはプール付き大豪邸、日産車のサニースーパーサルーンは「日当たりの良い飲み屋」など、本来の意味との面白い差異を指摘。講演では、お笑い芸人ならではの爆笑トークに加え、ためになる英語の豆知識も豊富に得られる。

 

 

 

 

 

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー