栗城史多_top

栗城史多(くりき のぶかず)

肩書き   : 登山家
講演テーマ : モチベーション、チャレンジ、人生
出身・ゆかり : 北海道
  栗城史多氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 登山家・栗城史多氏といえば、「日本人初となる世界七大陸最高峰の単独無酸素登頂に挑戦」を自身の登攀テーマとし、これまでに世界の名だたる峰々に挑み続けています。 2004年6月に マッキンリー(北米最高峰 標高6,194m)登頂に成功。以降、2005年1月にアコンカグア(南米最高峰 同6,959m)、同6月にエルブルース(ヨーロッパ最高峰 同5,642m)、同10月にキリマンジャロ(アフリカ最高峰 同5,895m)、2006年10月にプンチャック・ジャヤ(オセアニア最高峰 同4,884m)、2007年12月にビンソンマシフ(南極大陸最高峰 4,892m)と、エベレスト(アジア大陸最高峰 同8,848m)以外の6座登頂に成功します。 
 現在も、エベレストをはじめ、世界の名だたるこれまでに世界の名だたる峰々に挑み続けていますが、その一方で、各地で精力的に講演活動を展開。登山の魅力を多くの人たちに啓蒙しています。 
 そんな栗城氏の講演は、モチベーション、人生、夢の実現を主な内容として、「夢の育て方」「限界の越え方」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK! 
 栗城氏は、単独、他者とのコラボなど様々なスタイルで、講演、フォーラム、セミナー、トークショーを展開。どの会場も栗城氏の熱い思いに溢れ、高い目標に挑み続ける孤高のアルピニストの真摯な姿が、訪れた人を大いに励ましてくれます。

講演タイトル 「夢の育て方」

講演タイトル 「限界の越え方」

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー