衣笠祥雄_top

衣笠祥雄(きぬがさ さちお)

肩書き   : 野球解説者、コメンテーター
講演テーマ : モチベーション、野球、チームワーク
出身・ゆかり: 京都府
  衣笠祥雄氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 現役時代「鉄人」の愛称で親しまれた野球解説者・衣笠祥雄氏は、広島カープ内野手時代に、1970年10月19日の対読売ジャイアンツ戦から始まった連続試合出場記録が、1987年6月13日の対中日ドラゴンズ戦で2131試合に到達。ルー・ゲーリッグ(ニューヨーク・ヤンキース)が保持していた世界記録を更新し、以降10月22日の現役引退まで2215試合連続出場を果たしました。

人気の理由は、その鉄人ぶりにばかりあるのではなく、常にフルスイングで打席に臨むという豪快なバッティングスタイルにありました。

スクイズや流し打ちなどの当てるバッティングを全くせず、打者の目の高さに投げたボール球にもフルスイングで挑んでくるほどで、本塁打や打点が多い反面、三振や凡打も多く、打率が3割を超えたのは1984年の1シーズンだけという、潔さが光るプレースタイルの持ち主でもあります。

そんな衣笠氏は講演で、「私の野球人生」「限りなき挑戦」などのタイトルで、人生、スポーツについて語ってくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK。
失敗してもくじけず、コーチや先輩から受けた励ましやアドバイスを胸に秘め、決してあきらめない精神が、前人未到の偉業を成し遂げたのであり、まさに、国民栄誉賞受賞者らしく、国民の手本となり励ましを与えてくれる人物であると実感させられます。

講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、衣笠氏の偉業を賞賛し、敬意を表するのと同時に、「継続は力なり」は自分でもできることだ、ただやらないだけだ、今からひとつのことを長く継続し極めようという気持ちにさせられるのです。

 

講演タイトル 「私の野球人生」

 広島カープ入団後、現役引退に至るまで23年間におよび常に日本プロ野球界の第一線で活躍を続け、最優秀選手賞(MVP)を始め数々の輝かしい足跡を残す。その間、2215試合連続出場という不滅の世界記録を達成。失敗してもくじけず、コーチや先輩から受けた励ましやアドバイスを胸に秘め、決してあきらめない精神で、前人未到の偉業を成し遂げた(国民栄誉賞受賞)。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、衣笠氏の偉業を賞賛し、敬意を表するのと同時に、「継続は力なり」は自分でもできることだ、ただやらないだけだ、今からひとつのことを長く継続し極めようという気持ちにさせられる。
どんなに苦しい、最悪と思われる状況でもあきらめないで生き抜くことの大切さすばらしさを力強くお話しします。

仕事、病気など様々な環境で「悩み」や「苦しみ」をかかえている方々に、あきらめないで進もうとすれば希望はあるということを、体験を基にお話します。

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー