金本知憲_top

金本知憲(かねもと ともあき)

肩書き   : 元プロ野球選手
講演テーマ : 人生、夢の実現、野球
出身・ゆかり : 広島県
  金本知憲氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 阪神タイガースの「アニキ」として、謙虚な人柄と存在感でチームの精神的支柱の役割を果たしてきた。広島カープ時代の2001年は1002打席連続無併殺 打の日本記録を樹立。2003年には阪神タイガースに移籍。2006年3月31日に米メジャーリーグ内野手であるカル・リプケン選手の8243イニング連 続出場を更新。4月9日にはリプケン選手を抜く、904試合連続フルイニング出場の世界新記録を達成する。
講演では、大記録達成の陰に人並み以上の努力と 桁外れの忍耐があったことを知り、誰もが「アニキ」の人柄に惹かれてしまう。

講演タイトル 「金本知憲が駆け抜けた野球人生 ~努力と忍耐の軌跡~」

数多くの試練を乗り越え、阪神のアニキと呼ばれ、金本を知らない人はいないまでに成功した。
ご本人が実際の経験談の基に、お話します。

講演タイトル 「理不尽に勝つ」

講演タイトル 「ふてくされる前に見返せ」

オススメポイント

 元プロ野球選手・金本知憲氏といえば、阪神タイガースの「アニキ」として、その存在感が謳われるほど、チームの精神的支柱の役割を果たしてきました。
1991年秋のプロ野球ドラフト会議で広島東洋カープに4位指名され入団するもの、その後の2年間はまったく芽が出ない状況でした。しかし、筋トレに励み基礎体力をつけることと平行して、1994年後半から頭角を現していきます。
 2001年は全試合4番でフル出場を果たし、1002打席連続無併殺打の日本記録を樹立。その年の7月7日には200本塁打、9月2日には1000本安打をそれぞれ達成し、名実ともに「記録に残る選手」となります。
 2003年には阪神タイガースに移籍。開幕から3番を務め、同年の18年ぶりリーグ優勝に貢献します。さらに、2006年3月31日に米メジャーリーグ内野手であるカル・リプケン選手の8243イニング連続出場を更新。4月9日の対横浜ベイスターズ戦でリプケン選手を抜く、904試合連続フルイニング出場の世界新記録を達成します。
 そんなスラッガーでありながら、周囲に対する気配りを忘れぬ謙虚な姿勢が、選手、野球関係者、ファンのいずれからも支持され、いつしか「アニキ」と称されるようになったのです。
 そんな金本氏に対する講演依頼は、人生、夢の実現、スポーツ、野球などの内容に及び、「金本知憲が駆け抜けた野球人生 ~努力と忍耐の軌跡~」「理不尽に勝つ」「ふてくされる前に見返せ」「誰でも決意はする。行動に継続は少ない。継続すれば勝つ」などのテーマを話してくれます。また、講演依頼は、セミナー、トークショーの形での開催もOK。
 現在、野球解説者としても活躍している金本氏。数々の記録に彩られた野球人生ですが、花が咲くまで歩んできた道は決して平坦ではありませんでした。講演、セミナー、トークショーを訪れた人は、その陰には人並み以上の努力と桁外れの忍耐があったことを知り、「アニキ」の人柄に惹かれてしまうのです。

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー