林真理子_top

林真理子(はやし まりこ)

肩書き   : 作家
講演テーマ : 人生、文化、女性の活躍
出身・ゆかり: 山梨県
  林真理子氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 コピーライターを経て、1983年エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』で、作家デビューした林真理子氏は、数々のエッセイと小説で、いまや個性的な女流作家の第一人者になりました。『最終便に間に合えば』、『京都まで』で第94回直木賞を受賞し、『白蓮れんれん』では第8回柴田錬三郎賞、『みんなの秘密』により第32回吉川英治文学賞を受賞するなど多くの賞に輝いています。

また、一方で『anego(アネゴ)』、『不機嫌な果実』等TVドラマ化された作品も多くあることから、林真理子氏の小説が、いかに女性の奥底にある様々な感情を揺さぶり、共感を呼んでいるのかがわかるというものです。
内面を深くえぐるような表現に、複雑な感情が入り乱れ、引き込まれていきます。時に嫉妬心などの激しい感情が起こり、それにより、自分のアイデンティティを再発見することがあります。女性が「好きな小説家」の上位にランクインするものも納得がいくというものです。

講演会では、仕事に携わるものとしての心意気、自身の働き方を踏まえつつ働く女性の観点を語り、母として、妻としての自分等様々な顔を持つ林真理子氏らしい、人生を指南してくれる内容となっています。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!文化、美容、食にも造詣の深い彼女からは多くの楽しい、人生を豊かにしてくれる話が満載です。

いつの世も女性は強く逞しく、そして美しく!キラキラ輝く女性であるために自分を発奮する、楽しい講演、フォーラム、セミナー、トークショーです。

 

講演タイトル「私の仕事から」 

 各種メディアで取り上げられ話題となった『野心のすすめ』などにも綴られている自身の人生観や仕事スタイル、さらに著書に書ききれなかったこぼれ話などが盛り込まれ、人気の講演。

 

 

オススメポイント

作家として、娘として、妻として、そして母として・・・
ご自身の生い立ちから「物語」をドラマチックに紡ぎ出すようなお話は、まるでペン先からすらすらと文字がこぼれ出るかのように話題が展開します。働く女性達に、そしてPTAのお母様たち向けの講演会などに「林真理子」の講演会をスピーカーズがサポートします。

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー