安孫子薫_top

安孫子薫(あびこ かおる)

肩書き   : 株式会社チャックスファミリー代表取締役
講演テーマ : ビジネス、マネジメント、CS特集
出身・ゆかり : 山形県
  安孫子薫氏のプロフィール詳細はこちら

 

お問い合わせ

 

 

講演内容

 1982年、株式会社オリエンタルランドに入社。「美観の追求」「ゴミ減量化」「安全確保」「アトラクション運営」「ゲストサービス」「広告戦略」など、 改善改革を実行し、常に現場で指揮を執ってきた。ディズニーが誇る徹頭徹尾本気の、運営とマーケティングが一体となった一貫したブランディング活動を推進。さらに、妥協のないサービスは「毎日が初演」という品質規準がパークの隅々まで徹底しているためで、講演では、「赤ちゃんがハイハイできるくらい安全で清潔なパーク」を作り上げた極意を様々に披露してくれる。

講演タイトル 「ディズニーランドの『おもてなし』の仕組み」~すべてはゲストのハピネスのために〜

 ディズニーのミッションは「ゲストにハピネスを提供する」こと。その実現のために一貫した“ディズニーフィロソフィ”と呼ばれるパーク運営の考え方がある。ディズニー流おもてなしの本質を開業時からパーク運営を担ってきた安孫子が経験談を交え熱く語ります。

講演タイトル 「ディズニーランドの品質管理と運営管理~安全安心が最優先~」

 ディズニーの“妥協のないサービス”は「毎日が初演」という品質規準がパークの隅々まで生きているから徹底出来ている。安孫子が担ってきたカストーディア ル部門は「赤ちゃんがハイハイできるくらい安全で清潔なパーク」を作り上げている。カストーディアルと運営部門経験を基に品質管理とパーク運営の考え方や ポイントをわかりやすく話します。

講演タイトル 「ディズニーランド“本気のブランディング”」

 開業以来6億人達成。ディズニーテーマパークの圧倒的な集客力は徹頭徹尾本気のブランディングの結果だと言える。運営とマーケティングが一体となり、一貫 したブランディング活動を行っている。そして、まったく妥協のないサービスは自らのブランドを信頼することから始まった。では、いったい実際にどのような考え方 で、どのようなことを行っているのか。ディズニーパークの運営現場とマーケティングの只中にいた安孫子が体験談と実例を披露しながらディズニーのブランディングの本質に迫ります。

オススメポイント

  株式会社チャックスファミリー代表取締役の安孫子薫氏は、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーなどを擁する東京ディズニーリゾートにおいて数々の要職を歴任。  施設の清掃全般を担当するカストーディアル部門を中心に、パーク内の清潔さや安全性の確保に努め、利用客から高い評価を得てきました。  安孫子氏が管理・指導してきたカストーディアルキャストと呼ばれるスタッフは、一般的な清掃職員とは違い、積極的に笑顔で利用客に声掛けし、様々な質問に応じる「ゲストリレーション」を展開しています。  そんな安孫子氏の講演は、モチベーション、ビジネス、組織論、マネジメント、コミュニケーション、ビジネス研修などの内容に及び、「ディズニー感動のホスピタリティ ~何度でも行きたくなるパークの考え方と仕組み」「東京ディズニーリゾートの“掃除と片づけ”」「ディズニー流 スタッフのモチベーションを上げる仕組み」「自ら考え行動するスタッフを育てる」などのテーマを話してくれます。また、フォーラム、セミナー、トークショーでの開催もOK!  ディズニーの理念に基づいた安孫子流カストーディアルメソッドは、まさにCS(顧客満足)の極意であり、新たな企業価値を創出し、業績向上を実現に貢献しています。講演、フォーラム、セミナー、トークショーを訪れた人は、様々なジャンルに共通する安全安心、清潔、もてなしの心のあるべき姿を知るのです。

 

 

お問い合わせ

問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師TVで人気の講師青年会議所主催向け
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー