徳光正行(とくみつまさゆき)

・MC

【主な講演テーマ】

イベントMC・司会 など

【登録テーマ】
【出身地】 神奈川県

講師プロフィール

●本 名 徳光 正和(とくみつまさかず)
●生年月日 1971年(昭和46年)12月12日
●血液型 O型
●サイズ 身長 170 ㎝ 体重 62kg
B 100 ㎝ W 83 ㎝ H 95 ㎝
●学 歴 日本大学芸術学部 音楽学科 卒業
●趣 味 茶ぶら(お茶の水から神保町にかけてのお散歩)
●特 技 チョークスリーパー 人の歩き方の模写
●尊敬する人物 美輪明宏
●好きな作家 土屋堅二 根本敬
●フェイバリット モハメド・ヨネ
●日 課 水浴び
●座右の銘 「倒れる時は前のめり」

神奈川県出身。
TOKYO MXテレビ『TOKYOモーニングサプリ』『ゴールデンアワー』などで、メインMCを務める。
父:和夫氏と同じく、熱狂的な野球ファンである。
主な出演作品は、イベント『オメ☆コボシ』、テレビ東京『レディス4』、TOKYO MX『ザ・ゴールデンアワー』など。

 

▼ココがオススメ!

 キャスター、タレントとして活躍している徳光正行氏は、元日本テレビのフリーアナウンサー・徳光和夫氏の次男として知られており、父・和夫氏が全日本プロレス中継で名を馳せた影響もあり、一時期は本気でプロレスラーを志していました。さらに、「プロレスリング・ノア」代表であった故・三沢光晴氏とも親交があり、三沢氏とのエピソードを綴った『伝説になった男 - 三沢光晴という人』を出版しています。  そんな思いが募り、本業の傍ら、2013年5月には、ギャグプロレス団体「西口プロレス」にミル・マスカラスを模したマスクマン“ミル・マサカラス”として登場。お笑いとはいえ夢だったプロレスデビューを果たし、以降月一度の西口プロレス本興行に定期的に参戦しています。  そんな徳光氏に対する講演依頼は、イベントMC、トークショーの司会として寄せられています。 BS日テレ『買キング エミトク』、スマホでUSEN『徳光正行のあなたをもっと知りたくて!』、同『喋れよ!仮面女子』、インターネット情報番組『HIT IT!エンタメプラス+』などにも出演。父・和夫氏ゆずりの軽妙なトークに、“お笑いプロレスラー”を演じるタレント性が加味され、バラエティのMCを中心に大活躍。イベント、トークショーを訪れた人は、そのユニークなキャラクターと笑顔に惹かれてしまうのです。

 

メディア出演歴

テレビ

日本テレビ
「ものまねバトル」
「笑点」
「行列のできる法律相談所」
「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」
「太田光の私が総理大臣になったら・・秘書田中。」
「ナカイの窓」
「有吉ゼミ」
「今夜くらべてみました」
TBS
「世界ウルルン滞在記SP」(※父親 徳光和夫さんと初共演)
「私の何がイケないの?」
「オールスター感謝祭」 
フジテレビ
「ごきげんよう」
「バイキング」
「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦」
「ノンストップ!」
「ネプリーグ」
テレビ朝日
「Qさま!!」
「ワイドスクランブル」(夕刊ブラッシュアップコーナー担当)
テレビ東京
「主治医が見つかる診療所」
「開運!なんでも鑑定団」
「土曜スペシャル」
「和風総本家」
「昼めし旅」 など多数の番組に出演。

イベント実績

「初代林家木久扇・二代目林家木久蔵襲名披露パーティ」(2007.9月)
「平成19年度CM好感度日本のベストアドバタイザー2007」(2008.5月)
「第1回~第5回お笑いハーベスト大賞」本選会※日本音楽事業者協会主催
「映画〝ダイヤモンド〟完成披露記者会見」(2013.7月)
「小橋健太スペシャルトークショー」(2013.9月)
「東京マックス美容専門学校50周年記念式典」(2013.10月)
「AKB岩佐美咲〝リクエストカバーズ〟発表記念イベント」(2013.11月)
「水谷千重子ディナーショー」(2013.12月)
「佐々木健介引退記念パーティ」(2014.4月)
「高橋英樹&高橋真麻トークショー」(2014.6月)
「日本の国際化について考えよう」(2014.11月)など多数のイベントに出演。

.
問合せ候補リストを見る

講師検索

人気のテーマ

ビジネステーマの講師教育テーマの講師経済テーマの講師スポーツテーマの講師コーチングテーマの講師モチベーションテーマの講師人気講師ランキングオススメ講師ランキング
テーマをもっと見る

目的で探す

トークショーフォーラム式典・イベント研修啓発販促・集客

アクセスランキング

鳥越俊太郎 清原伸彦 集団行動 当社だけのオススメ講師 講師インタビュー