Team giving business report to boss in office

お互いの弱みを理解・補完するだけでなく、強みを高め合うことによってさらなる能力や可能性を生み出すことを「チームワーク」といいます。これは学校や企業など共同作業が欠かせない組織に必要なもののひとつで、成果を出したり目標を達成したりする上で非常に重要です。

 

そこで今回は、チームワークの重要性やよりよいチームワークを発揮するために押さえておくべきポイントなどについてご紹介します。チームワークを高めて、作業の効率化やモチベーションの向上につなげましょう。

 

■まずはここから押さえよう。「チームって何?」

そもそも「チーム」とは、個人では成し得ないスケールの課題や目標をクリアするため、メンバー同士で連携・協力する集まりのこと。メンバー全員が同一の方向性のもとに活動することで個人の能力に付加価値がつき、さらに高い能力を発揮することができます。そんなチームを成立させるためには、次の4つの条件をクリアしなければなりません。

 

  1. 達成すべき目標の共有
  2. チーム構成員とそれ以外との境界の明確化
  3. 各メンバーの役割の割り振り
  4. メンバー間の協力と相互依存関係

 

ここで最も大切になるのは、「1.達成すべき目標の共有」です。上述したように、チームではメンバー全員が同一の方向性のもとで活動する必要があります。にもかかわらず組織の目標が共有されていなければ、何をゴールに連携・協力すればよいのか分からなくなり、個人の能力すら十分に発揮できなくなってしまいます。そのためチームを形成する際は、必ずメンバー全員と目標を共有することが大切です。

 

■どうして必要なの?チームワークの重要性

チームワークは、効果的かつ効率的なチーム活動を実現するために必要な要素のひとつ。メンバーや活動に大きな刺激を与え、さらなる能力を引き出します。では、なぜチームワークは重要視されるのでしょうか。

 

・さまざまな分野への可能性を広げられる

happy business team making high hands in sunset sky background f

どれだけ秀でた能力を持っていても、マンパワーには限界があります。その点、チームなら他のメンバーからアドバイスをもらうことで新たな気付きが生まれ、限界を破るための突破口を見つけることが可能です。また他のメンバーの活動が刺激となり向上心が生まれて、個人個人のさらなる成長につながります。つまり、チームワークがあればメンバーの可能性を大いに広げることができるのです。

 

・組織力の向上を図れる

組織の中でも特に企業は、いくつもの部署・チームで構成されている「ひとつの大きなチーム」です。そのため、自分が属しているチームのチームワークを高めることができれば、おのずと組織力も向上し、よりよい成果につなげることができます。また、自分たちのチーム内だけでなく、他の部署やチームとも積極的に連携を取ることで、より効率的に組織力を高めることができます。

 

この他にも、業務の高度化やビジネスにおけるグローバル化の円滑化など、チームワークが重要視されている理由はたくさんあります。チームとして最善な活動をするためにも、そしてメンバー全員の能力を最大限に引き出すためにも、チームワークの重要性を理解した上で活用していきましょう。

 

■よりよいチームワークを発揮するための5つのポイント

Team Teamwork Join Hands Partnership Concept

よりよいチームワークを発揮するためには、チームとして活動する上で大切なポイントを把握し実践することが大切です。

 

  1. メンバー全員が同じ目標を持つ

チームで何かを成し遂げる上で最も大切なのは、メンバー全員が同じ目標に向かうこと。「◯◯大会で優勝する」「売上◯万円を達成する」などの大きな目標はもちろん、その目標をクリアするための中間目標、そして目標を達成するためにどう動くかといった詳細まで全員が理解しておくのが望ましいといえます。そうすればチームワークの向上が期待できるだけでなく、今後の活動がよりスムーズに進み成果へとつながりやすくなります。

 

  1. メンバー全員が積極的な姿勢を持つ

よりよいチームワークを実現するためには、メンバー全員が課題に対し積極的な姿勢で取り組むことが大切です。例えば、メンバーの課題に対する思いに温度差があるとします。ひとりは「何が何でも成果につなげたい」と意気込んでいますが、他のメンバーは「上司の指示をこなすだけでいい」「流れに身を任せよう」などと思っていた場合、チームワークは破綻しているといっても過言ではありません。よりよいチームワークを築くためには、メンバー全員が常に向上心を持ち、自律した姿勢で取り組むことが大切です。

 

なお、このポイントには「1.チーム全員が同じ目標を持つ」が大きく関係してきます。課題に対する意欲を高めるためにも、まずはチームとしての目標を必ず共有するようにしましょう。

 

  1. 自分の役割を認識する

チームで活動する場合、おのずと役割が分担されます。メンバー全員がこの役割をしっかりと意識し全うすることも、よりよいチームワークを発揮する上で大切なポイントです。

 

大きな課題に取り組んでいると、自分の役割を超えて他人の領域に踏み込み、口を出してしまうメンバーが出てくることがあります。メンバー一人ひとりの能力が存分に発揮されず、ひとりのメンバーが何もかも指示しているようではチームワークとはいえません。また一方で、役割を分担しているのに「誰かがやってくれるだろう」という生半可な気持ちのメンバーがいると、チームの団結力が弱まってしまう可能性があります。こうしたリスクを考えると、与えられた役割を認識し、それをきちんと果たすことがいかに大切かがよく分かります。

 

つまり、よりよいチームワークを発揮するためには、メンバー同士が与えられた役割をしっかりとこなし結果へとつなげることが大切なのです。

 

  1. ビジネスの基本である「ほう・れん・そう」を徹底する

与えられた役割をしっかりとこなし、それを成果につなげることこそ、よりよいチームワークを実現する重要なポイントです。しかし、だからといって必ずしもひとりで作業しなければならないか、というとそのようなことはありません。チームで活動する上で必要不可欠とされている「ほう・れん・そう(=報告・連絡・相談)」を徹底すれば、よりよいチームワークを発揮することができ、それぞれの能力や成果をさらに高められます。

 

反対に報告・連絡・相談が行き届いていないチームだと、安心して自分の役割をこなすことができません。「◯◯さんは何をやっているんだろう」「全体的な進捗はどうなっているんだろう」といった不安が募り、本来の能力を発揮できなくなってしまうのです。さらには、無駄な作業が発生していたなど、大幅なロスが発生してしまう可能性もあります。

 

こうした状態を避けるためにも、常に報告・連絡・相談を意識することはもちろん、定期的にミーティングを設けてメンバー同士の進捗を確認することが大切です。メンバー全員が同じ情報を持つことが、よりよいチームワークの実現につながります。

 

  1. リーダーが役割を十分に果たす

チームの目標を設定したり、各メンバーに役割を振り分けたりするチームリーダーの力量も、よりよいチームワークを実現する上で重要なポイントです。例えば、何か問題が起きたらチームリーダーが正しい方向へ軌道修正する必要があります。悩んでいるメンバーがいたら話を聞いたり、ときには的確なアドバイスをしたりするのもチームリーダーの役割です。もしもその役割を果たせなかったら、チームはきっとバラバラになってしまいます。そうならないためにも常に全体を把握し、責任ある言動でチームをまとめ、チームワークを向上させましょう。

 

以上5つが、よりよいチームワークを発揮する上で大切なポイントです。「チームの団結力が弱まってきている」「最近チームの士気が下がってきている」という方は、ぜひ以上のポイントを見直してみてください。

 

■うれしいことばかり!チームワークの向上によるメリット

happy business team making high hands in sunset sky background f

上述したポイントを踏まえてチームワークを高めたら、おのずとさまざまなメリットを得ることができます。

 

例えば、高いチームワークを備えたチームではメンバー一人ひとりの能力を最大限に引き出すことができます。個々で作業をしている場合、苦手分野も必ずひとりで乗り越えなければなりません。しかし、正しく機能しているチームであれば、メンバー同士でそれぞれの苦手分野を補い合うことができるのです。これにより、得意分野に対する能力を十二分に引き出すことができ、さらなるパフォーマンスへとつながります。

 

「モチベーションの向上」も、よりよいチームワークを発揮できた際に得られるメリットのひとつ。チーム内で自分の得意分野に対する期待が寄せられると、「自分は価値のある力を持っている」と認識することができ、自信を持てるようになります。さらには、自分の活動が他のメンバーに影響を与えていることを間近で感じられるので、自分の必要性を再確認でき、さらなる成果のための努力を生み出すこともできるのです。モチベーションの向上は、チームと学校・企業のエンゲージメントを高めるものでもあるため、チームにとって非常に大切なメリットといえます。

 

この他にも業務の効率化や学習意欲の向上などのメリットがあり、どれもメンバーやチーム、そして学校や企業にとってもうれしいものばかり。チームワークを高めて、活動をより効果的かつ効率的に進めていきましょう。

 

 

チームワークとは、メンバー同士でそれぞれの弱みを理解・補完し、強みを高め合うことによってさらなる能力や効果を引き出すこと。チームとして目標を達成したり、成果を出したりする上で絶対に欠かすことはできないものといえます。今回ご紹介した5つのポイントを踏まえれば、おのずとチームワークを高めることができ、より効果的かつ効率的な活動が行えます。この機会に、ぜひチームワークについて見直してみてはいかがでしょうか。